国立新美術館が無料のダンスイベントを開催 - 2008年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 昨年1月に港区六本木にオープンした国立新美術館が、現在開催中の「エミリー・ウングワレー展」(7月28日まで)に関連し、6月27日にエントランスロビーにて無料のダンスイベントを行う。

 エミリー・ウングワレーは、オーストラリア中央の砂漠地帯でアボリジニの伝統的な生活を送り、ボディ・ペインティングや砂絵を経て、カンヴァス画で3千点とも4千点とも言われる膨大な数の絵を残した抽象画家。27日は、彼女の雄大な自然を感じさせる絵からインスピレーションを得たコンテンポラリー・ダンサーの杏奈とコントラバス奏者の沢田穣治が、即興のパフォーマンスを披露する。入場・観覧は無料。詳細は下記のとおり。
イベントデータ
ダンスイベント「The Rhythm of Emily」
6/27(金) 18:00〜18:30

・会場=国立新美術館1階 アトリウム
・出演=杏奈(ダンサー)/沢田穣治(コントラバス奏者)

※イベント当日は、20:00まで「エミリー・ウングワレー展」を観覧可能。料金は公式サイトを参照。