『八月納涼大歌舞伎』製作発表 - 2008年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/前列左から中村福助、中村勘三郎、坂東三津五郎、後列左から坂東彌十郎、中村七之助、中村扇雀、中村勘太郎、中村橋之助
▲前列左から中村福助、中村勘三郎、坂東三津五郎、後列左から坂東彌十郎、中村七之助、中村扇雀、中村勘太郎、中村橋之助
 毎年、中村勘三郎、坂東三津五郎ら豪華な顔ぶれがそろい、多くの観客が詰め掛ける『八月納涼大歌舞伎』。勘三郎が「面白いものをみんなで作る、風通しの良さが魅力」と語る同公演。絶妙なチームワークを見せるおなじみの出演者がそろい、野田秀樹と串田和美からビデオレターも届き、にぎやかな記者会見が開かれた。

 今年も趣向を凝らした演目がずらりと並ぶ。第一部は華やかな『女暫』、中村橋之助と国生の親子競演が楽しみな『三人連獅子』、大爆笑の喜劇・眠駱駝物語『らくだ』。第二部は歌舞伎で上演されるのは初となる『つばくろは帰る』(川口松太郎作)、先代勘三郎の代表作のひとつであり、串田和美が舞台美術を担当するというのも楽しみな『大江山酒呑童子』。第三部はこれぞ大歌舞伎の『紅葉狩』、野田秀樹の新作歌舞伎『野田版 愛陀姫(あいだひめ)』。勘太郎・七之助はじめ、次世代を担う若手も多く出演するというのも、納涼大歌舞伎の魅力だ。

 演劇ファンが気になるであろう『愛陀姫』は、オペラ『アイーダ』をモチーフとした意欲作。笑いでつづりながら深いテーマを浮かび上がらせた野田版前二作(『研辰の討たれ』『鼠小僧』)とは趣向を変え、シリアスな雰囲気の物語となるそうだ。日本の調べをふんだんに取り入れるという音楽(田中傳左衛門が担当)にも期待が高まる。

 通常より値段も低目設定、加えて通常の昼夜2部制を3部制にして一部の上演時間も短め。初心者にも来てほしいという心遣いだ。そして、とにもかくにも、見どころたっぷり。歌舞伎で涼をとって暑い東京をしばし忘れたい。
中村勘三郎
『八月納涼大歌舞伎』は死ぬまで出続けたい。先日の『夏祭浪花鑑』のドイツ公演で、初日が終わって部屋に帰って、窓の外を見ると偶然、“アイーダ”という船が泊まってて。付いてる小舟も“ラメダス(アイーダと恋仲の役名)”で、これはなんだかさい先がいい辻占が出たと(笑)。『大江山〜』は、宗家(藤間勘十郎)にお願いして振りもちょっと変えます。僕も若いし(笑)まだ体もきくので、父がやっていた座りの型ではなくやってみたいと思っています。最近の歌舞伎のお客さんには、サッカー場並みの熱を感じるのでいいものをお見せしたいと張り切っております。

坂東三津五郎
今年で『八月納涼大歌舞伎』は19回目なんですが、息子(巳之助)も今年19歳になるんですね。『つばくろ〜』で初めてせりふのやり取りをするのが楽しみです。自分もこちら(勘三郎)もなんにも変わってないと思っているんですけど(笑)、周りはどんどん成長していっている。歌舞伎ならではの、家族の温もりが演目と客席に伝わればと思っております。

中村福助
『八月納涼大歌舞伎』は、僕を育ててくれた宝物みたいなもの。野田さんの中ではなぜか(中村)扇雀さんと僕がコンビになっているらしく、今回も、僕が細毛(ホソゲ)という名前の役で扇雀さんが荏原(エバラ)という、どちらも祈祷師の役……(笑)。シリアスな話の中で笑いを担当します。

中村扇雀
『三人連獅子』は、珍しく母親が出てくる連獅子もので、橋之助さんと国生さん親子と共演させていただきます。僕の代わりに三田寛子さんが出ればいいのに(笑)。歌舞伎座では初めて毛を振らせていただくので、頑張って務めさせていただきます。

中村橋之助
思い入れの強い『八月納涼大歌舞伎』は、毎年指折り数えて楽しみにしています。『つばくろ〜』は出演の予定がないので、お願いをして息子の宜生と一緒に、通行人として登場させてもらいます(笑)。『紅葉狩』平維茂は初役。大好きな役なので、精いっぱい務めさせていただきます。

坂東彌十郎
今回は遠慮気味に……5役を務めます(笑)。実はすべて初役です。われわれの想像の及ばない、野田さんの世界を感じるために、『愛陀姫』の稽古ではぜひ、できれば野田さんに全部本読みで読んでもらいたいですね。

中村勘太郎
19年前の第一回目は7歳。すっかり立派な青年俳優になりました(一同拍手)。一から頑張りたいです。『紅葉狩』(更級姫実は戸隠山の鬼女)を務めさせていただきます。盆と正月がいっぺんにきたような、うれしくて涙が出そうなぐらい、父から聞いた時は夢のようでした。そして『愛陀姫』。これは鈴木の役です(笑)。観ていただければ分かると思います(笑)。

中村七之助
8月はいつも身に余る大役をいただくのですが、今回は全部初役。ひとつひとつ丁寧に、中途半端にならないように一カ月かけて務めていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
公演データ
2008.8/9(土)〜27(水) 歌舞伎座

【キャスト】 中村勘三郎/坂東三津五郎/中村福助/中村扇雀/中村橋之助/坂東彌十郎/中村勘太郎/中村七之助 ほか

・7/15(火)前売開始
・全席指定1階桟敷席14,000円/1等席12,000円/2等席8,400円/3階A席3,500円/3階B席2,000円
・お問い合わせ=歌舞伎座 TEL.03-3541-3131