少年隊PLAYZONEFINAL1986〜2008SHOWTIMEHitSeries『Change』公開舞台稽古 - 2008年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/▲新妻聖子

▲青山劇場前には歴代のPLAYZONEショータイトルが並ぶ

 今年で23回目を迎えた『PLAYZONE』。少年隊を中心キャストに、オリジナルストーリーとショーで構成し、好評を博してきた人気シリーズだが、少年隊の主演は今年がラスト。その初日開幕に先駆け、6日の日中、ゲネプロが行われた。

 今回は、『PLAYZONE』23年の歴史を振り返る名場面集といった内容で、全体をショー形式で構成。40代になった彼らが、10、20代の後輩たちの先頭に立って、キレのある動き、ムーディーな歌声で観客を魅了する。3人それぞれが構成の一部を請け負い独自の世界観を見せるコーナーや、屋良朝幸はじめ後輩たちが大活躍するコーナー、少年隊のヒット曲メドレーなど、盛りだくさんの内容だ。

 ゲネプロ終了後、3人がラストステージに向けてそれぞれの想いを語った。

錦織一清
今はまだ実感がありませんが、千秋楽に向けて終わりだという実感がわいてくるんでしょうね。昔の『PLAYZONE』の映像を見ると、つい最近のことのような気がする反面、若いころの自分に嫉妬を感じることもあります。何ものにも負けないっていう妙なアドレナリンが出ていて(笑)。これまで『PLAYZONE』が続けてこられたのもみなさんのおかげ。感謝の気持ちを感じていただけたらと思います。

東山紀之
23年もやってきたので、これからは後輩たちに(PLAYZONEを)渡して、僕たちはまた新しいことをやっていきたいです。年に一度ではなくても、例えばオリンピックのように何年かに一度、またここで何かやるとか。もっとグローバルにできることもあると思うので、これからそれを考えたいと思います。

植草克秀
終わってしまうのが寂しいという気持ちもありますが、まだ実感がわかないし、今はただみなさんにいいものを観ていただきたいと、そのことだけ考えています。僕たちも先輩からたくさんのことを学んだので、息子をはじめ後輩たちにも、先輩を見ていろいろ勉強してほしい。僕たちもまた、少年隊を新しい形で作り上げていきたいと思います。

公演データ
【キャスト】 少年隊(錦織一清/東山紀之/植草克秀)/屋良朝幸/M.A.D. ほか ジャニーズJr.

【東京公演】
2008.7/6(水)〜8/8(金)  青山劇場
・チケット発売中
・全席指定12,000円
・お問い合わせ=テレドーム(24時間音声サービス) TEL.0180-993-774

【大阪公演】
2008.8/26(火)〜31(日) 梅田芸術劇場 メインホール
・チケット発売中
・全席指定S席12,000円/A席11,000円
・お問い合わせ=テレドーム(24時間音声サービス) TEL.0180-993-774