エイベックス・グループ創立20周年記念事業舞台『ココロノカケラ』制作記者会見 - 2008年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から岡村俊一(演出)、小笠原大晃、西島隆弘、YU-KI、鈴木亜美、相葉弘樹、篠田光亮、きだつよし
▲左から岡村俊一(演出)、小笠原大晃、西島隆弘、YU-KI、鈴木亜美、相葉弘樹、篠田光亮、きだつよし
 今年、創立20周年を迎えるエンターテインメント企業・エイベックスが、自社の所属アーティストの持ち歌で構成するオリジナル・ミュージカル『ココロノカケラ』を上演する。

 物語の主人公は、都会で生きる一人の女性。現実に疲労し失望した彼女は、ふとしたきっかけで、歌が禁止された異世界に迷い込んでしまう。そこで恋をし、自らを見つめ直して、彼女は再び歩き出す力を取り戻すのだった……。

 キーワードは「歌の力」。既成楽曲を使ったいわゆるジュークボックス・ミュージカル形式で、安室奈美恵、浜崎あゆみ、DA PUMP、東京スカパラダイスオーケストラなど、エイベックス所属アーティストのヒットナンバー約20曲を使用予定。脚本は、元TEAM発砲・B・ZINのきだつよし、演出は『あずみ』や劇団EXILE作品などを手掛けた岡村俊一。主演のYU-KI(TRF)、鈴木亜美らが意気込みを語った。

【9/9 追記】
9月9日に公式サイト上で、体調不良を訴えていた主演YU-KI(TRF)の降板が発表された。チケットの払い戻しについては公式サイトを参照。
YU-KI ユキ役
どこでどうやって自分の楽曲が使われるか、気になります(笑)。ほかのアーティストの歌を、YU-KIとしてではなく、役 の上で歌うとどうなるか楽しみです。

鈴木亜美 ナナジ役
初ミュージカルなので、基礎から頑張りたいです。劇中で歌うほかのアーティストの曲も、自分の楽曲として歌い上げたいと思います。

西島隆弘 エイフ役
Wキャストの相葉君とは去年ドラマで共演して、仲がいいんです。同じ役なので、お互いに頑張りたいです。

相葉弘樹 エイフ役
同じ役でもお互いのキャラがきっと出てくると思うので、そこが見せられたら。分からないところは稽古場で相談したいです。

きだつよし(脚本)
ファンタジックでスケール感のあるものというオーダーだったので、「不思議の国のアリス」とか「オズの魔法使」をモチーフに、「歌の力」をテーマに書きました。歌は、現実世界でも国境や人種を超えます。そのスケール感が出せたら。

岡村俊一(演出)
演出サイドとしては、知ってる曲を聴いたこともないように聴かせる、というのがものすごく高いハードルです(笑)。都会に生きる女性の苦悩を、YU-KIさんに歌い狂ってもらおう、亜美さんには踊り狂ってもらおうと思います。
公演データ
2009.9/15(月・祝)〜29(月) 青山劇場

【スタッフ】 脚本=きだつよし 演出=岡村俊一
【キャスト】 YU-KI/鈴木亜美/相葉弘樹(15〜23日)・西島隆弘(25〜29日)/馬場徹/小笠原大晃/篠田光亮 ほか

・チケット発売中
・全席指定プレミアムシート13,000円/S席9,000円/A席7,500円
・お問い合わせ=ネルケプランニング TEL.03-5469-5280