少年隊 PLAYZONEFINAL1986〜2008SHOWTIMEHitSeries『Change』東京公演千秋楽 - 2008年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 86年『MISTERY』以来、毎夏、青山劇場で上演を重ねてきた少年隊の『PLAYZONE』が今年も上演され、8月8日に東京公演の千秋楽を迎えた。

 少年隊の主演は今回がラスト。23年間の集大成を観ようと、多くのファンが青山劇場に駆けつけた。公演後、3人が客席の間に立ち、ファンに見守られる中、会見がスタート。記者から「今までやってきて、思いではありますか?」と質問されると、植草が「2年目に怪我をして3日間穴をあけてしまった時、2人が僕のせりふの穴をうめるため、夜中にがんばって覚えてくれたことです」と言うと、「でも、その時の評判が一番良かったんだよね(笑)」(東山)「それなのに僕が怪我した時、植草は僕のせりふを覚えてくれなかった(笑)」(錦織)と会場の笑いを誘うなど、和やかなムードだった。

 また、「今日は僕らがみなさんを見送らせていただきます!」(錦織)というサプライズの発表があり、会場からはものすごい歓声が。その後、劇場の前に設置された円形のステージにタキシード姿の少年隊が登場し、そのステージの周りを観客がぐるりと囲んだ。チケットが取れなかったファン達も少年隊を一目観ようと詰めかけ、観衆は青山劇場の周り、さらに劇場の前の歩道橋の上にまで達した。

 ファンと共にデビュー曲『仮面舞踏会』、ヒット曲『Baby Baby Baby』を汗だくで熱唱すると、「俺たちの青春はこれからだー!」と錦織が絶叫。

 去り際に「俺たちも東京に住んでいるので、青山劇場の前とか、この辺を歩いているのを見かけるかもしれないけど、恥ずかしいからほっといてね!(笑)」(錦織)と最後まで笑いの絶えない千秋楽となった。なお、8月26日から31日まで大阪公演もあり。

 3人のコメントは下記のとおり。
錦織一清
もう少し経たないと終わってしまったという実感が湧かないです。毎年公演があって23年間隅田川の花火大会に行ったことがないから、来年は行きたいな。今までやってこれたのは、3割は自分達、7割はお客さんのおかげです(笑)。青山劇場、みなさんから夢をもらいました。ありがとう!

植草克秀
まだやっているような気がするんですよね。会場に飾ってあるこれまでの作品の看板を見て、こんなにたくさんやっていたんだって思います。家に帰って泣くんじゃないかと。来年は、何日か泊まりで海へ行って日焼けしたいです(笑)。怪我をして踊れない時や、踊りが覚えられない時もあったけど、みなさんが観にきてくれたことが財産です。これからも自分の財産を大切に仕事を続けていきたいです。

東山紀之
僕達はこの空間で育ててもらったので離れがたいですが、今は勇気を出して飛び立とうと思います。今後は、次に何をするかを考えていきたいです。歌って踊るのが僕ら基本なので、形は変わってもまたみなさんと会う機会を作りたいと思っています。また必ずやります!会いにきて下さい。それまでに体力を落とさないようにがんばります。
公演データ
2008.8/26(火)〜31(日) 梅田芸術劇場 メインホール

【キャスト】 少年隊(錦織一清/東山紀之/植草克秀)/屋良朝幸/M.A.D. ほか ジャニーズJr.

・チケット発売中
・全席指定S席12,000円/A席11,000円
・お問い合わせ=テレドーム(24時間音声サービス) TEL.0180-993-774