劇団四季『キャッツ』が来年4月19日に千秋楽 - 2008年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 東京・東五反田のキャッツ・シアターでロングラン上演されている劇団四季のミュージカル『キャッツ』が、09年4月19日の公演をもって閉幕することが、16日のカーテンコールで明らかになった。83年に劇団四季により日本公演が始まり、今年6月には通算公演回数7,000回を達成した『キャッツ』。04年に専用劇場として誕生したキャッツ・シアターでは、同一公演地での最長ロングラン記録を達成する見込みだが、土地使用の契約が切れるため、残り半年余りでの閉幕が決まった。公演終了後、劇場は解体される。

 2月1日公演分より、先日発表されたチケット料金の値下げが適用されるのに加えて、3歳以上小学校6年生以下を対象にした子ども料金の席「ファミリーゾーン」も新設される。千秋楽公演は、はがきによる抽選受付になる予定。詳細は劇団公式サイトを参照。