平成中村座十一月大歌舞伎串田戯場『隅田川続俤 法界坊』記者会見 - 2008年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
中村勘三郎(左)と串田和美
▲中村勘三郎(左)と串田和美
 串田和美演出&中村勘三郎主演の名作歌舞伎が浅草に帰ってくる! 浅草に現れた仮設の芝居小屋・平成中村座の第一回公演(2000年)で初演。その後、大阪、NY、歌舞伎座と上演を重ねた『法界坊』が11月に浅草寺裏に設置された平成中村座で上演される。現在上演中の『仮名手本忠臣蔵』終演後すぐ、中村勘三郎、串田和美が同小屋で意気込みを語った。

 初演から現行の台本ではなく、現存する最古の台本を使用。自由な法界坊の立ち回りと、昔の歌舞伎小屋を彷彿とさせる猥雑な空気があいまって生まれた活気ある舞台は忘れがたい。NY公演を経たことによってギュッと濃縮し、緩急がついたと二人が語る今作は、初演よりテンポアップしているとか。さらにパワーアップした『法界坊』に期待したい!
中村勘三郎
外題に「隅田川続俤」とあるように、浅草が舞台の話。古い本はドラマチックでグロテスクで面白い。法界坊がただかわいいだけじゃなく、“友達にはなりたくない”(笑)、本当に怖い人に描かれている。進化しながら里帰りした『法界坊』を多くの皆さんにぜひ観ていただきたいと思っています。

串田和美
今日『仮名手本〜』を観ながら、改めて僕が歌舞伎でできること、役割を考えていました。できることをやるしかない。初演の時、うれしくって稽古の後もこの芝居小屋に残って「こうしよう」「ああしよう」と、お酒を酌み交わしたことを思い出します。こうして皆さんと一緒に成長している『法界坊』にまた再会できるのは、僕にとっても幸せなことだと思っています。
公演データ
2008.11/1(土)〜25(火) 浅草寺境内 仮設劇場

【スタッフ】 演出・美術=串田和美
【キャスト】 中村勘三郎/中村扇雀/中村橋之助/片岡亀蔵/坂東彌十郎/中村勘太郎/中村七之助/笹野高史

・チケット発売中
・全席指定お大尽席(2階)35,000円/松席(1階平場)・竹席(1・2階)14,000円/梅席(2階)11,000円/桜席(2階)10,000円
・お問い合わせ=ハローダイヤル TEL.03-5777-8600

*7日NYバージョン公演についてはお問い合わせを