『新橋演舞場 初春花形歌舞伎』製作発表記者会見 - 2008年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
中村獅童(左)と市川海老蔵
▲中村獅童(左)と市川海老蔵
 お正月はやっぱり歌舞伎! 09年新橋演舞場の正月興行・昼の部は、人気舞踊『二人三番叟』、市川海老蔵が「にらみ」をみせる『寿初春 口上』や近年力を入れている演目『義経千本桜』の「木の実/小金吾討死/すし屋」の場、一座総出演の『お祭り』と華やか。夜の部は、26年ぶりの復活となる歌舞伎十八番『七つ面』、中村獅童が初役をつとめる『恋飛脚大和往来 封印切』、花形役者がそろう『弁天娘女男白浪 白波五人男』とこちらも興味深い演目がずらり。新たな年を迎えるにふさわしい若々しい顔ぶれの中から、海老蔵と獅童がそろい、記者会見が行われた。
市川海老蔵
『口上』では(邪気を払うと言われる)「にらみ」をご覧いただきます。『義経〜』では、いがみの権太を、『お祭り』では、鳶頭をつとめさせていただきます。夜の部では歌舞伎十八番の内『七つ面』を舞踊として復活させていただきます。また『弁天娘女男白浪』では弁天小僧菊之助と青砥左衛門藤綱をつとめます。大変な公演になると思っておりますが、ぜひ素晴らしい興行にしたいと思っております。

中村獅童
新春はずっと浅草歌舞伎に出演させていただいておりましが、今年は演舞場で海老蔵さんとご一緒させていただくことになりました。若手がそろって、華やかな舞台になると思います。歌舞伎ではおなじみの演目、そして分かりやすいものがそろい、歌舞伎をあまり見慣れていない方にも楽しんでいただけると思っております。
公演データ
2008.1/3(土)〜27(火) 新橋演舞場

【キャスト】 市川海老蔵/中村獅童/市川左團次 ほか

・チケット発売中
・全席指定桟敷席16,000円/一等席15,000円/二等席9,000円/三階A席5,000円/三階B席3,000円
・お問い合わせ=チケットホン松竹 TEL.03-5565-6000