第53回岸田國士戯曲賞の最終候補作が決まる - 2008年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 白水社が主催する第53回岸田國士戯曲賞の最終候補9作品が26日に発表された。今回の選考委員は、井上ひさし、岩松了、鴻上尚史、坂手洋二、永井愛、野田秀樹、宮沢章夫の各氏(五十音順)。来年1月26日に東京・日本出版クラブ会館にて最終選考会が行われる。最終候補作は下記の通り。
第53回岸田國士戯曲賞最終候補作品一覧(作者五十音順)
加藤一浩『黙読』(小学館「せりふの時代」2008年秋号掲載)
タニノクロウ『星影のJr.(ジュニア)』(上演台本)
長塚圭史『SISTERS』(上演台本)
蓮見正幸『ステロイド』(上演台本)
蓬莱竜太『まほろば』(上演台本)
前川知大『表と裏と、その向こう』(上演台本)
松井周『家族の肖像』(上演台本)
本谷有希子『幸せ最高ありがとうマジで!』(上演台本)
山岡徳貴子『着座するコブ』(上演台本)