TEAM NACS『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』公開稽古・囲み取材 - 2009年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/公開稽古より。左から、大泉洋、安田顕、音尾琢真
▲公開稽古より。左から、大泉洋、安田顕、音尾琢真
写真/公開稽古より。森崎博之(左)と戸次重幸 写真/公開稽古より。大泉(左)と安田

▲公開稽古より。森崎博之(左)と戸次重幸

▲公開稽古より。大泉(左)と安田
写真/公開稽古より。左から、森崎、音尾、戸次 写真/会見より。左から戸次、森崎、大泉、安田、音尾

▲公開稽古より。左から、森崎、音尾、戸次

▲会見より。左から戸次、森崎、大泉、安田、音尾

大泉洋らが所属する北海道発の人気演劇ユニットTEAM NACSの新作『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』が、2月20日(金)に池袋のサンシャイン劇場で開幕。それに先立ち、前日に公開稽古と囲み取材が行われた。今や、それぞれがテレビや映画、舞台の出演と大忙し。そんなメンバーが2年に1回集結して行う本公演の全国ツアーも3回目となる。


大泉洋が本格的な作・演出に初挑戦することにも注目が集まる本作。「脚本・演出・出演をするのは本当に大変で……これまでそれをこなしていたリーダーの森崎博之は本当にすごい!」と心情を吐露した大泉。「でも、1年間泣きながら書いた脚本が、メンバーの頑張りのおかげでついに形になった。自信作になりました!」と、初めての観客(マスコミ陣)を入れての通し稽古を終え、感無量の様子。ほかのメンバーたちも「とにかく楽しい作品なので期待してください!」と声をそろえた。

肝心の舞台は、下荒井家の5人兄弟をめぐる物語。幼くして母を亡くし、父と共に暮らしていた5人だが、次第にそれぞれの道を歩み始める。そして父も亡くなって10年目の日。実家で稼業のギター教室を継いだ長男・大造(森崎博之)と、同じく実家に残り引きこもっている四男・健二(大泉洋)の元に、東京で暮らしている三男・剛助(安田顕)、五男・修一(戸次重幸)、さらには長らく音信不通だった次男・大洋(音尾琢真)までもが集まってくる。しかし、久々の再会を喜ぶ間もなく、それぞれが抱えた事情によって事態は混乱を極めていきーー。

物語を作るにあたって、「メンバーみんなで兄弟についていろんな話をした」と大泉。衝撃の(観てのお楽しみ)オープニングはもちろん、随所に笑いを散りばめつつ、どんなに歳をとっても兄弟がお互いを思い合う気持ちを丁寧に描いており、最後には春の陽気のような温かい気持ちにさせられる。また、「男5人だけのユニットだから……と思っても、やっぱり脚本を書いていると女性が出てくるんですよね」(大泉)、「女優募集!と言ってるんだけどこなくて(笑)」(森崎)ということで、TEAM NACSならでは(?)、メンバーが演じる女性役も見どころだ! 「これまで僕らが女役を演じるとどうしてもコントみたいになっちゃってたんですが、今回は、リアルに演じて欲しいとオーダーしました」と大泉が言う通り、戸次、音尾、森崎の3名が演じる女性たちは、実にチャーミングに物語をかき回していく。

今乗りに乗っているTEAM NACSの魅力を堪能できそうなこの公演。残念ながら前売りは完売しているが、各公演、当日券は出るそうなので、ぜひチェックしてみてほしい!

インフォメーション

2009.2/20(金)〜3/14(土) サンシャイン劇場

【スタッフ】 脚本・演出=大泉洋
【キャスト】 TEAM NACS(森崎博之/安田顕/戸次重幸/大泉洋/音尾琢真)

・前売は完売
*当日券は、開演3時間前から整理券を配布。昼夜2公演の場合は、夜公演の整理券も昼公演の開演3時間前から同時配布。
・全席指定6,000円
・お問い合わせ=オフィスキュー TEL.011-219-0939

*3/18(水)〜24(火)大阪 イオン化粧品シアターBRAVA!、27(金)〜29(日)福岡 ももちパレス、4/3(金)〜5(日)名古屋 名鉄ホール、9(木)〜12(日)宮城 電力ホール、17(金)〜29(水) 北海道 道新ホールでも公演あり。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1226