ヨーロッパ企画『ボス・イン・ザ・スカイ』全国6カ所ツアー製作発表会 - 2009年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/会見より。後列左が主宰で劇作・演出家の上田誠。
▲会見より。後列左が主宰で劇作・演出家の上田誠。

  過去作『冬のユリゲラー』が、『サマータイムマシン・ブルース』に続いて本広克行監督の手で映画化(映画タイトルは『曲がれ! スプーン』/2009年冬全国ロードショー)されるなど、09年も何かと目が離せなさそうな京都の劇団「ヨーロッパ企画」。5〜6月に全国6カ所で上演す る新作『ボス・イン・ザ・スカイ』の大阪での会見が、何とその大阪のシンボル・通天閣で行われた!! なぜこの地を選んだかというと“次回作は塔が舞台だ から”だとか。しかも会場となったのが、普段は一般客が立ち入れない隠し部屋的なフロアだったので、ワクワク感倍増。さらにはお天気に恵まれたこともあっ て、ヨーロッパ企画のメンバーはもちろん、会見に出席した記者たちの中にも、ついうっかりと仕事を忘れて外の風景を眺めちゃう人が……。

 

 それはさておき、次回作について。「舞台の地形から物語が生まれてくるということに、僕はすごく興味がありまして。特に最近は“高さ”をうまく使えない かという方向に、どんどん作劇の興味がいき始めています」と、劇団主宰で作・演出の上田誠。その言葉通り、今回は円形劇場の真ん中に高い塔を作り、客席は その周りを囲むように配置。この塔の上空にいると伝えられるボスを倒すために集まった人々が、RPGのダンジョンよろしく塔を右往左往……ではなく「上往 下往」する芝居になるという。ではその内容も、ゲームのように胸ときめく冒険ファンタジー? かと思うとさにあらず。「人間ってついつい、自分にとって都 合のいい物語を求めてしまうもの。今回は舞台と客席が近くて結構生々しいというのも合わせて、その辺の“ファンタジーになり切れない面白さ”というのをコ メディーにしてみたいです」と、何ともヨーロッパ企画らしい〈なんちゃってファンタジー〉なシチュエーションコメディーとなりそうだ。

 さらに彼以外の劇団員を代表して、石田剛太、角田貴志、永野宗典が意気込みを語ったが、それぞれ「今回の芝居に出てくるボスのイメージ」を、イラスト付きで解説するという「お楽しみコーナー」(by上田)的な趣向が。それぞれのコメント&イラストは以下の通り。

 

写真/石田剛太 写真/角田貴志

▲石田剛太

▲角田貴志

石田剛太

今回は四方囲みという、ヨーロッパ企画としては初めての試みで、僕も役者個人として初めてのこと。ずっと前から「四方囲み舞台で(やりたい)」と言って て、やっとこういうのができるなと。それはすごく楽しみだけど、でもどういう風に演じればいいんだろうということも思っています。演出の上田君も、グルグ ル回りながら演出してくれるんだろうなあと(笑)。それで僕の思い描くボスですが、これの特徴としては涙が酸性雨なんですね。そして溜め息が嵐で、咳をす ると雷が起こり、貧乏揺すりが地震になる。さらに羽があるので空にいるっていう、そういうボスをイメージしています。



角田貴志

石田君が言った通り四方を(客席に)囲まれているので、それぞれのお客さんから見えるモノが変わってくると思う。でもそこはヨーロッパ企画の集団の力で、 いろんな形のアンサンブルのあるお芝居ができるんじゃないかなと思っています。さて僕が考えたボスですが、腕が壁のようになっていて人類に閉塞感を与え、 多数の目で誰かに監視されてるような意識を与え、口から黒い煙のような物を出して「漠然とした不安」を与えるという(一同笑)、非常に恐ろしいボスだな と。その実こいつの正体は(スケッチブックの次のページをめくって)コイツ(某経済大国ですか?!)じゃないかなということでお願いいたします。

写真/永野宗典 写真/上田誠

▲永野宗典

▲上田誠

永野宗典

僕は非常に自意識過剰な人間なんで……この会見ですら、一体どこ見ていいんだかわかんない状況で、もう汗びっしょりで(笑)。円形なんて360℃に人がお られる状態では、ヨーロッパ企画のゆるいお芝居ができなくなるんじゃないか? と、そういう不安があります。そこは演出の上田君と相談して、何かカチンコチンの変な役をするとかして(笑)、大いにこの舞台を盛り上げたいです。それで 僕が真っ先に思いついたボスはですね「己自身」(一同笑)。皆さんにも毎日向き合って、毎日戦っている己自身というボスがおられるんじゃないでしょうか? 自己分析という剣を持って、戦うほど傷つけ、傷つくほど強くなっていく己自身というボスが、やっぱり最強の究極のボスなんじゃないかと思います。

 

 ちなみにこれらの言葉を受けて上田は「現時点で、皆かなりイメージがバラバラですね(笑)。これを本番までには統一して、ヨーロッパ企画なりのイメージ をお見せできればと思います」とコメント。ということは、最後にはボスが出現するのか? その辺りも楽しみです。

 

取材・文=吉永美和子

インフォメーション

【スタッフ】 作・演出=上田誠
【キャスト】 石田剛太/酒井善史/諏訪雅/角田貴志/土佐和成/中川晴樹/永野宗典/西村直子/本多力/山脇唯 ほか

【滋賀公演】
2009.5/9(土) 栗東芸術文化会館さきら 小ホール
・3/21(土)前売開始
・全席自由2,000円/当日2,200円
・お問い合わせ=栗東芸術文化会館さきら TEL.077-551-1455

【京都公演】
2009.5/15(金)〜17(日) 京都府立府民ホール アルティ
・3/21(土)前売開始
・全席指定一般2,900円/当日3,200円、学生2,500円/当日2,800円
・お問い合わせ=サウンドクリエーター TEL.06-6357-4400

【広島公演】
2009.5/20(水) NTTクレドホール
・チケット発売中
・全席指定前売3,500円/当日3,800円
・お問い合わせ=TSSイベント事務局 TEL.082-253-1010

【福岡公演】
2009.5/22(金)〜24(日) イムズホール
・3/28(土)前売開始
・全席指定前売3,500円/当日3,800円
・お問い合わせ=ピクニック TEL.092-715-0374

【兵庫公演】
2009.6/5(金)〜14(日) 伊丹市立演劇ホールAI・HALL
・4/4(土)前売開始
・全席指定前売3,500円/当日3,800円
・お問い合わせ=サウンドクリエーター TEL.06-6357-4400

【東京公演】
2009.6/17(水)〜28(日) 青山円形劇場
・4/4(土)前売開始
・全席指定前売3,500円/当日3,800円
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337(10:00〜19:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1233