演劇集団キャラメルボックス2009スプリングツアー『容疑者Xの献身』製作発表  - 2009年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から川原和久、西川浩幸、西牟田恵、岡田達也、斎藤歩、成井豊
▲左から川原和久、西川浩幸、西牟田恵、岡田達也、斎藤歩、成井豊

  演劇集団キャラメルボックスが、直木賞も受賞した東野圭吾の大ベストセラー小説に挑む! ある殺人事件をきっかけに大学時代の友人、物理学者・湯川学と数 学者・石神哲哉が再会し——二人の天才の攻防が解き明かす悲劇だ。シリアスな作品だけに、普段のハッピーエンドのエンターテイメント色を抑え、いつもとは 違うキャラメルの顔が見られる予感がする。映画化もされた同作を、舞台でどう立ち上げるのかにも注目が集まる。演出の成井豊はじめ、主軸となるキャストが そろって記者会見が開かれた。

成井豊脚本・演出)
発売されてすぐ読んで衝撃を受けた小説。どううちの劇団でやるのかすごく悩みました。時間の関係でカットはしていますが、本の言葉は9割がたそのままですし、徹頭徹尾、ひたすら原作通りにやりたいと思っています。

西川浩幸 数学者・石神哲哉役
やると決まる前に原作を読んでいて、結末は立ち上げれないほどのショックを受けました。その時、石神という人物にとても惹かれ、こんな役をやってみたいと 思ったんです。なので今回やることになって非常に驚きましたし「この機会を逃しては……」と勇気をふりしぼって立候補しました。

西牟田恵 被害者の元妻・花岡靖子役
わたしが演じる役は受け身の人という印象。いろんなことがあったのにすさんでなくて人に生きる希望を与えられる人。今役作りに悩んでいますが、彼女の気持ちを探る旅だと思って頑張ります。

岡田達也 物理学者・湯川学役
自分がまさかこの本の舞台版に出演するとは思いませんでしたので、素直に驚きましたし、新しい湯川像を作りたい。新しいキャラメルボックスの第一歩だと思っているので、たくさんの方々に観ていただきたい。

斎藤歩 草薙刑事役
草薙というのは正義感が強い男なのかなとか、今役作りを頑張っているところです。今回出演が決まってから小説を読んだのですが、西川さんが演じる石神っていう男のひたむきな献身というか……異常性というのは現代の何かを映していると思いました。

川原和久 間宮刑事役
僕の役は原作にも映画にもあまり出てこない、直接は登場人物たちの心の動きにはかかわっていかない役。他の方たちがソフト部分を作って、僕はハード部分を作るのが役割かなと思っています。

インフォメーション

【スタッフ】 原作=東野圭吾 脚本・演出=成井豊
【キャスト】 西川浩幸/岡田達也/西牟田恵/斎藤歩/川原和久/大森美紀子/前田綾/三浦剛/筒井俊作/實川貴美子/石原善暢

【東京公演】
2009.4/30(木)〜5/24(日) サンシャイン劇場
・チケット発売中
・全席指定7,000円
・お問い合わせ=劇団 TEL.03-5342-0220

【兵庫公演】
2009.4/18(土)〜26(日) 新神戸オリエンタル劇場
・チケット発売中
・全席指定S席(1・2階)7,000円/A席(3階)6,000円
・お問い合わせ=劇団 TEL.03-5342-0220

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1234