日本舞踊家、藤間紫さんが死去 - 2009年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 日本舞踊の紫派藤間流家元で女優の藤間紫(ふじま・むらさき、本名・喜熨斗綾子=きのし・あやこ)さんが27日午後、肝不全のため東京都文京区の病院で死去した。85歳だった。

 1923年、東京都出身。7歳で日本舞踊を始め、35年に藤間流家元・藤間勘十郎(六代目)に弟子入り。舞踊家として活動するかたわら、49年の映画 「グッドバイ」出演を皮切りに、テレビドラマ・舞台へと幅広く活躍の場をひろげる。95年の舞台『西太后』での演技は高く評価され、代表作となった。87 年に、自身が家元となり紫派藤間流を創流した。

 92年に菊田一夫演劇賞演劇大賞、94年に第1回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している。2000年には夫・市川猿之助の「スーパー歌舞伎」のプロデューサーとしても腕をふるう一方、猿之助一門の指導にも尽力した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1346