地球ゴージャス『星の大地に降る涙』製作発表会 - 2009年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から寺脇康文、ATSUSHI、三浦春馬、HIRO、木村佳乃、音尾琢真、岸谷五朗
▲左から寺脇康文、ATSUSHI、三浦春馬、HIRO、木村佳乃、音尾琢真、岸谷五朗

  岸谷五朗、寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」の最新作『星の大地に降る涙』の製作発表が行われた。出席者は二人のほかに、テレビドラマ、映画 など幅広く活躍する木村佳乃、今回が初舞台となる人気急上昇中の三浦春馬、TEAM NACSの音尾琢真と豪華な顔ぶれ。また、主題歌を担当するEXILEのリーダー・HIRO、作詞とボーカルを務めたATUSHIも駆けつけ、にぎやかな 会見となった。

 

 記念すべき10作目となる本作は、同ユニット初の歴史ファンタジー。戦に敗れ、記憶を無くした青年が、ある小さな島で名もなき民と神の子を宿した女性と 出会うところから物語は始まる。作・演出を手掛ける岸谷は「今の暗い世の中を勇気づけられる作品になれば」とコメント。また、初舞台となる三浦については 「ブラウン管やスクリーンからはみ出すような、スケールの大きい演技ができる人。舞台でどう輝くのか楽しみですね」と期待を寄せた。

 

 登壇者のコメントは以下の通り。

岸谷五朗(作・演出・出演)

 

個性豊かな31名の素晴らしいキャストに集まってもらうことができました。EXILEの主題歌もこんなにピッタリな曲はないなというくらい、作品世界にマッチしています。楽しみにしていただければと思います。



寺脇康文

僕らの芝居の根底に流れているのは“生きる”ということ。ご覧になった方が、少しでも元気になってまた明日からも頑張ろうと思っていただけるような芝居にしていきたいです。



木村佳乃

やっと地球ゴージャスに出られることになってうれしく思います。岸谷さんと寺脇さんが長い時間をかけて作り上げてきた場所に参加できて幸せです。持てる体力と集中力を注ぎたいです。



三浦春馬

初舞台なので皆さんの足を引っ張らないように、殺陣の練習をしたり、発声のトレーニングをしたりと、できることから下準備を始めています。地球ゴージャス の『クラウディア』を観て、とても感動したのを覚えています。それ以来「出たい!」と思っていました。今から稽古に入るのがすごく楽しみです。



音尾琢真

素敵な皆さんとご一緒できて光栄です。岸谷さんは舞台に対する情熱と良い作品を作ろうという志の高い人。尊敬する方と同じ舞台に立てることがうれしいです。皆さんも楽しみに待っていてください。



HIRO(EXILE)

この素晴らしい作品にかかわることができてEXILE全員うれしく思っています。ATSUSHIを中心に最高の楽曲ができたと思うので、そちらも楽しみにしていてください。



ATSUSHI(EXILE)

岸谷さんと楽曲についてお話しさせていただいた時に、一番強く伝わってきたのは「平和」というテーマです。それをEXILEなりに膨らませて、歌詞にしました。

インフォメーション

【スタッフ】 作・演出=岸谷五朗 主題歌=EXILE
【キャスト】 木村佳乃/三浦春馬/音尾琢真/岸谷五朗/寺脇康文 ほか

【東京公演】
赤坂ACTシアター(6/20 〜 7/26)

【北海道公演】
2009.7/30(木)〜8/3(月) 道新ホール
・4/25(土)前売開始
・全席指定8,500円
・お問い合わせ=ハンドクラップ TEL.011-615-8500(チケットについて)、地球ゴージャスFC TEL.03-5457-3485(公演について)

【大阪公演】
2009.8/7(金)〜17(月) 梅田芸術劇場メインホール
・4/25(土)前売開始
・全席指定S席8,500円/A席7,500円
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-7732-8888(チケットについて)、地球ゴージャスFC TEL.03-5457-3485(公演について)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1242