宝塚歌劇星組『My dear New Orleans―愛する我が街―』公開舞台稽古 - 2009年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/安蘭けい

▲安蘭けい

 2月に兵庫・宝塚大劇場で幕を開けた宝塚歌劇星組『My dear New Orleans―愛する我が街―』。3月27日、東京公演の初日を迎え、同日、公開舞台稽古が行われた。

 第一部は、20世紀初頭、ジャズ発祥の地といわれるニューオリンズを舞台に、人種差別や貧困などの逆境にありながらも、音楽を通してたくましく生きよう とした人々を描いたミュージカル。白人と黒人の混血である青年と、運命に翻弄される薄幸の美女との、美しくもはかない悲恋の物語だ。

 第二部のショー『ア ビヤント』は、フランス語で「またね!」の意味をタイトルに込めたというショー。主演コンビの安蘭けい、遠野あすかはじめ多数の生徒が退団することもあ り、「さよなら」と「ありがとう」のメッセージが詰まった、華やかで心温まるショーだ。

  舞台稽古後、囲み取材に応じた主演男役の安蘭けいは、「宝塚大劇場での千秋楽をひとまず終えて、東京でこれからどういう一カ月を過ごすのか、自分でもまだ よくわかりません。でも、めいっぱい楽しんで、すがすがしく完全燃焼した気持ちで一カ月後を迎えたいなと思っています」とコメント。主演男役を務めた2年 間については、「月並みな言葉ですが、宝物です。私の人間形成の時間として、とても大切な時期を過ごしました」。また「後輩のみんなには、とにかく舞台を 楽しんで、表現することをもっと好きになってほしい」と笑顔で答えた。

インフォメーション

2009.3/27(金)〜4/26(日) 東京宝塚劇場

【スタッフ】 『My dear〜』作・演出=植田景子 『ア ビヤント』・演出=藤井大介
【キャスト】 安蘭けい/遠野あすか ほか

・前売券は完売
*当日券は当日朝10時より劇場窓口にて発売(座席券完売の場合に限り立見も発売)。1人1枚。ただし初日・新人公演・サヨナラショー実施公演(4/25 夜・26)・千秋楽については、前日朝10時より、チケットぴあ当日券専用ダイヤル(TEL03-5237-9000)でのみ受付
・全席指定SS席11,000円/S席8,500円/A席 5,500円/B席 3,500円 *新人公演は料金が異なる
・お問い合わせ=東京宝塚劇場 TEL.03-5251-2001

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1246