加藤成亮主演『SEMINAR』制作発表会 - 2009年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/加藤夏希(左)と賀来千香子 写真/上口耕平(左)と安藤聖

▲加藤夏希(左)と賀来千香子

▲上口耕平(左)と安藤聖
写真/中村倫也(左)と田畑亜弥 写真/鈴木勝秀

▲中村倫也(左)と田畑亜弥

▲鈴木勝秀

『ディ ファイルド』『グッドラック、ハリウッド』など、日本でも作品を上演されることが多い作家リー・カルチェイムが、日本公演のために書き下ろした最新作 『SEMINAR』。5月17日からの世界初演を前に、今回初舞台で主演を務めるNEWSの加藤成亮や、共演の加藤夏希、賀来千香子らが制作発表に参加し た。あるセミナーに参加する学生たちの物語ということもあり、キャストたちの若者らしいコメントが飛び交う、終止笑いの絶えない会見となった。

 

 ある夏の早朝、イタリア・フィレンツェ郊外にあるセミナーハウスの美しい庭の噴水で、一人の青年ローレンが倒れている。メディチ家について、特別授業を 受けるために参加していたほかの5人の学生と助教授は、彼の姿に言葉を失う。そして、ローレンは「誰が」、あるいは「何が」彼を追い詰めたかを語り始める ——。

 

 作品について演出の鈴木勝秀は「サスペンスでもラブロマンスでもない、若者の生き様を描いた作品。“ルネサンス”、つまり再生するという意味では、僕の 中ではローレンという男のリセットの物語だと思っています」と分析。舞台初挑戦にして初座長という大役を務める加藤(成亮)は「初めてだからといって甘え ずに、プロとして、座長としてやり遂げたい。でも、共演のみなさんは経験のある方ばかりなので、助けてもらいながら、支え合いながらできればいいなと思っ ています」と意気込みの中にも謙虚な姿勢をのぞかせた。

 

 主な出席者のコメントは以下の通り。

鈴木勝秀(演出)

 

世界中の作家と仕事をしたいと考えていたところ、その第一歩がこういう型で実現してうれしい。今回、20代前半の若い人たちとカンパニーを組んでやれる機 会が出来て、期待がとても高まっている。これからどんな風に作品ができていくのか、みなさんに納得していただけるような作品にしたいと思います。



加藤成亮 主人公・ローレン役

 

今回は僕が一番年下で、なおかつ初舞台。スズカツ(鈴木勝秀)さんにプレッシャーをかけられてますが(笑)、必ず成功させて素敵な作品にしたいなと思っています。日本初演という事はあまり意識せず、人間の本質を描いた、日本でしかできない作品にしたいです。



加藤夏希 セミナー参加の学生・ハンナ役

 

ハンナ以外の女性陣もそうだと思うんですが、いろんな関わり方で加藤さん演じるローレンの魅力に惹かれていきます。ちょっとラブシーン的な場面もあったり しますので、ご期待ください(笑)。恋愛模様だけではなく、セットも面白く独特な空間になっているので、いろんな角度から作品を楽しめると思います。



賀来千香子 助教授・グレチェン役

 

過去のあるミステリアスな役で、私にとっても今回初めてのタイプの役をいただいたと感じています。助教授として、女性としての二つの面の揺れを見てほし い。若い人たちと少人数でやらせていただく舞台なので、これからの一カ月間を楽しみながら過ごせるのかなと、心がとてもワクワクどきどきしています。

インフォメーション

【スタッフ】 作=リー・カルチェイム 上演台本・演出=鈴木勝秀
【キャスト】 加藤成亮/加藤夏希/中村倫也/安藤聖/田畑亜弥/上口耕平/賀来千香子

【東京公演】
2009.5/17(日)〜6/3(水) 東京グローブ座
・チケット発売中
・全席指定S席8,500円/A席7,500円/B席5,500円
・お問合せ=チケットスペース TEL.03-3234-9999

【大阪公演】
2009.6/9(火)〜14(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・チケット発売中
・全席指定8,500円
・お問合せ=キョードーチケットセンター TEL.06-7732-8888

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1235