ブロードウェイミュージカル『XANADU』公開リハーサル - 2009年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
▲さまざまな芸術を司る、女神キーラとその姉妹たち
▲さまざまな芸術を司る、女神キーラとその姉妹たち
写真/ソニーとキーラ 写真/二人の恋を邪魔する意地悪姉妹

▲ソニーとキーラ

▲二人の恋を邪魔する意地悪姉妹
写真/ソニーのファッション、日本でもどこかで見たような…… 写真/ミラーボールで80年代テイスト全開!

▲ソニーのファッション、日本でもどこかで見たような……

▲ミラーボールで80年代テイスト全開!

 08年のトニー賞4部門でノミネートされた、07年ブロードウェイ上演の新作ミュージカル『XANADU』が早くも来日。翌日に開幕を控えた5月8日(金)、その公開リハーサルが行われた。

 

 本作は、80年公開の同名映画を脚色し、パロディー化したもの。音楽の殿堂“ザナドゥ”を作ることを夢見る貧乏画家ソニーと女神キーラの、周囲の人々や神々を巻き込んだドタバタな恋物語を、オリビア・ニュートン=ジョンの曲に乗せて描く。

 映画では容姿、才能ともにそろったモテ男だったはずのソニーも、パロディーというだけあって、ホットパンツにタンクトップ、さらにはソックス!というか つてのアメリカ西海岸ファッションのおとぼけキャラに。キュートな女神のキーラもなぜかローラースケートで登場するほか、キーラの姉妹である女神たちもゲ イチックだったり、コミカルな悪役風だったり、強烈なキャラクターぞろい。彼らが繰り広げるおバカなテイスト炸裂の物語と、「Have you never been Mellow(そよ風の誘惑)」や「XANADU」などオリビア・ニュートン=ジョンのメロディアスで心地よいナンバーが一緒になり、ただただ楽しめる内 容になっている。上演は、5月31日(日)まで赤坂ACTシアターにて。開幕に際し、ソニーとキーラ役のキャスト二人が発表したコメントは以下の通り。



エリザベス・スタンリー キーラ役

『XANADU』のキラキラしているところがとてもいいわ! 私は、「Suddenly」という曲が一番好き。そこから二人の恋が始まる感じがするから。ローラースケートをはいて、80年代を再訪できるなんてもう最高よ!



マックス・フォン・エッセン ソニー役

この作品は、日常から離れられるんだ!! 素晴らしい音楽と踊りが一緒になったすっごく面白くて楽しい舞台! 7歳の女の子から80歳のおばあちゃんまで楽しめる……こんなに幅広い年齢層が一緒に楽しめる舞台はほかにないんじゃないかな?

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1230