凰稀かなめ、怪我のため2公演を休演 - 2009年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 宝塚歌劇団は4日、星組の凰稀かなめが稽古中に左足小指を骨折したため、出演を予定していた2公演を休演すると発表した。

 凰稀が休演するのは、6月9日・10日に赤坂BLITZ行われる「AQUA5 Concert」と、6月15日の宝塚大劇場公演、宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル『百年への道』の2公演。

 凰稀の復帰時期は回復状況を見て改めて発表するとしている。

【6/16 追記】
6月26日から宝塚大劇場で行われる星組公演『太王四神記 Ver.II』についても当面の間休演することが発表された。復帰時期は未定としている。凰稀の代役を夢乃聖夏が、夢乃の代役を壱城あずさが務める。

【6/25 追記】
回復が順調に進んだため、宝塚大劇場 星組公演『太王四神記 Ver.II』6月26日の初日から復帰することが決定した。ただし、フィナーレの一部場面のみは当面の間休演(代役はなし)としている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1207