2009年トニー賞 『リトル・ダンサー』が圧勝 - 2009年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ミュージカル『リトル・ダンサー』
プレイ『子の心、親知らず』

ミュージカル『リトル・ダンサー』

▲プレイ『子の心、親知らず』

第63回トニー賞の受賞結果が7日夜、ニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールで発表された。

今年大きな注目を集めたのは、最多13部門で15のノミネーションを受けたウエストエンド発の新作ミュージカル『リトル・ダンサー(Billy Elliot)』。サッチャー政権下の炭鉱町を舞台に、バレエダンサーを夢見る少年ビリーの成長と、家族や友人たちとの心のふれあいを描く感動作で、昨秋 の開幕以来大人気を博し、好調なチケットセールスを誇っている。トニー賞では、最優秀作品賞をはじめ、脚本賞・演出賞・振付賞など計10部門を制覇。タイ トルロールを担う3人のヤング・アクター(トリプルキャスト)がそろって主演男優賞に輝く快挙も見せ、圧倒的な強さを見せた。プレイ部門では、フランスの 人気劇作家ヤスミナ・レザの新作コメディー『子の心、親知らず(God of Carnage)』が最優秀作品賞ほか、計3部門で受賞。

主な受賞作・受賞者は以下の通り。詳細はシアターガイド8月号(7月2日発売)に掲載予定。また、授賞式の模様は、6月28日(日)の午後7時30分よ りNHK衛星第2にて放映予定だ。

インフォメーション

各部門受賞者

■ミュージカル部門

最優秀作品賞=『リト ル・ダンサー』
リバイバル賞=『ヘ アー』
最優秀男優賞=デイ ヴィッド・アルヴァレス&トレント・コワリック&キリル・クリッシュ(『リトル・ダンサー』)
最優秀女優賞=アリス・ リプリー(『ネクスト・トゥ・ノーマル』)
最優秀助演男優賞=グレ ゴリー・ジュバラ(『リトル・ダンサー』)
最優秀助演女優賞=カレ ン・オリーヴォ(『ウエスト・サイド・ストーリー』)
最優秀演出賞=スティー ヴン・ダルドリー(『リトル・ダンサー』)

■プレイ部門

最優秀作品賞=『子の 心、親知らず』
リバイバル賞=『ノーマ ン大征服』
最優秀男優賞=ジェフ リー・ラッシュ(『瀕死の王』)
最優秀女優賞=マー シャ・ゲイ・ハーデン(『子の心、親知らず』)
最優秀助演男優賞=ロ ジャー・ロビンソン(『ジョー・ターナーが来て行ってしまった』)
最優秀助演女優賞=アン ジェラ・ランズベリー(『陽気な幽霊』)
最優秀演出賞=マ シュー・ウォーカス(『子の心、親知らず』)

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1984