ロブ・マーシャル監督のミュージカル映画「NINE」が2010年春日本公開決定 - 2009年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 03年のアカデミー作品賞受賞作「シカゴ」を手掛けたロブ・マーシャルの最新ミュージカル映画「NINE」が来年春に日本公開されることが決定した。

 本作はフェデリコ・フェリーニの自伝的映画「8 1/2」を題材にした同名ミュージカルが原作。仕事も私生活も行き詰まり危機的状況を迎えた天才映画監督グイドが、バカンスに出かけた先で過去の女性たちとの生活を回顧するというストーリーで、舞台版は82年にブロードウェイ初演、03年の再演ではトニー賞のミュージカル部門でリバイバル賞を受賞した。

 主人公グイドを演じるのは2度のアカデミー賞受賞経験を持つダニエル・デイ=ルイス。そのほかペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンといったオスカー女優ら豪華な顔ぶれに加えて、人気ポップシンガー・ファーギーが出演することも注目を集めている。

 角川エンタテインメントと松竹による共同配給。丸の内ピカデリー1ほかで2010年春より全国公開される。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1173