第141回芥川賞候補作発表 戌井昭人、本谷有希子が候補に - 2009年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 財団法人日本文学振興会は7月2日、第141回芥川賞・直木賞の候補作を発表した。芥川賞候補作に、劇団鉄割アルバトロスケット主宰・戌井昭人の「まずいスープ」、劇団、本谷有希子主宰の本谷有希子による「あの子の考えることは変」など、6作品が選出された。

 今回は芥川賞作品にイラン人の作家シリン・ネザマフィによる「白い紙」、直木賞候補に映画監督・西川美和の「きのうの神さま」など幅広い候補が選ばれており注目を集めている。選考会は15日に東京都内の料亭「新喜楽」で行われる。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1196