ブロードウェイミュージカル『スペリング・ビー』公開舞台稽古 - 2009年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
▲公開舞台稽古より。中央は藤井隆
▲公開舞台稽古より。中央は藤井隆
写真/公開舞台稽古より。新妻聖子(上)と藤井隆 写真/公開舞台稽古より。左から今井清隆、新妻、安寿ミラ

▲新妻聖子(上)と藤井隆

▲左から今井清隆、新妻、安寿ミラ
写真/会見より。左から村井国夫、藤井、新妻

▲会見より。左から村井国夫、藤井、新妻

 17日初日を迎えたブロードウェイミュージカル『スペリング・ビー』の公開舞台稽古が前日夜に行われた。

 同作は05年にオフからオン・ブロードウェイに進出し、同年トニー賞2部門を受賞した作品。日本版の演出には翻訳・訳詞も手がける寺崎秀臣、キャストは 2度目のミュージカル出演となる藤井隆やミュージカルを中心に活躍している女優の新妻聖子ほか、梶原善、高田聖子など個性豊かな俳優たちが集まった。

  会見で「英語の実力は?」と質問された新妻は「海外生活の経験があるので、日本語の方が少し不安なくらい(笑)。学校の授業も英語だったので、“辞書が友 達”のオリーブの気持ちはよくわかる」と答えた。また、村井は「(出題者なので)わからないところは新妻さんに聞くのですが、これは日本のお客さまに見て いただくのでネイティブじゃなく、日本的な英語の稽古をしています」とコメント。藤井は「僕は全然ダメで……」と言いつつ、最後に観客に向けて一言 「COME ON!GALAXY THEATRE!!(銀河劇場)」と突然英語で意気込み、新妻と村井を笑わせていた。

 舞台は架空の地パットナム郡のスペリング(つづり方)大会が開催されている体育館。それに集うは、各地区の大会を勝ち抜いた子供たちと、それを見守る3 人の大人たち。家庭環境が複雑な子や、辞書だけが友だちの孤独な子など、参加者の6人の子供たちはそれぞれに苦悩を抱えていて、大会を通して1つ1つ悩み を克服し、成長していく。

 足でつづりを書いてイメージする“魔法の足”が武器の少年バーフェイ役の藤井隆は、繊細な面を持つ子供の役をうまく掴み、ダンスのシーンでも、2度目の ミュージカル出演とは思えないほどキレのある動きを見せ、持ち前の明るさで舞台を盛り上げる。登場人物それぞれに事情があり、その背景が分かる曲が一曲ず つあるのだが、とくに孤独な少女オリーブ役の新妻聖子の歌唱力は圧巻。まぼろしの中で母親への愛情を求めた歌「I LOVE YOU SONG」では、目に涙を浮かべて歌う姿が印象的だった。ほかにも思春期の悩みを訴える曲や、ゲイのカップルを両親に持つ苦悩の曲など、思わず笑ってしま うようなキャラクターの魅力が生かされた曲が盛りだくさんで、笑いと感動の物語を日本版でも堪能できた。また、このミュージカルの大きな特長は、劇中のス ペリング大会に参加できること。希望者は開演前に劇場入り口にあるブースで受付し、毎回4名程度に参加権が与えられる。一般の観客に入ることによってでき る不思議な一体感もぜひ体験してほしい!

 東京公演は8月2日まで。その後、愛知、大阪、福井にて上演される。詳細は公式ホームページ参照。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1293