ゲキ×シネ『蜉蝣峠』が2010年上映決定 - 2009年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台の映像を映画館でスクリーン上映する「ゲキ×シネ」の最新作として、『蜉蝣峠』が上映される。

『蜉蝣峠』は、劇団☆新感線が今年3〜5月に東京と大阪で上演した作品。脚本に大人計画の宮藤官九郎を迎え、「いのうえ歌舞伎」の持つ重厚なイメージを覆す趣向から「いのうえ歌舞伎・壊<Punk>」と銘打たれた。主演は古田新太、共演者には同劇団のおなじみのメンバーに加え、堤真一、高岡早紀、勝地涼、木村了らといった多彩な面々を迎え話題を呼んだ舞台だ。

上映は2010年を予定、日程や上映館、チケット発売日は未定となっている。情報は随時公式サイトで公開される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1394