ソニーが国内映画館のデジタル化支援サービスを提供 - 2009年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ソニーは8月16日付けで、ソニープロテクノサポート株式会社にデジタルシネマ事業推進部を新設し、10月より国内映画館のデジタル化を支援するデジタルシネマ・ソリューションサービスを開始することを明らかにした。

同サービスの第一弾として、20世紀フォックス映画、ウォルト・ディズニー・カンパニー、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの製作・配給会社3社と、映画館のデジタル化展開の契約を締結。また、シネマコンプレックスを運営するティ・ジョイが同サービスを利用、デジタルシネマ上映システムを10月より導入する。

同サービスにより、配給・制作側は作品の上映機会の拡大が、映画館側はデジタル化における初期投資の抑制が可能になる。

フィルムを使用しないデジタル上映では、演劇、オペラ、コンサート、スポーツなどの映画以外のコンテンツも上映が可能となり、収益源の幅が広がる点もメリットとして挙げられている。同社ではこれまでにも、舞台作品の映像を映画館上映する「Livespire」シリーズを提供してきたが、今後もこういった映画以外のコンテンツ提案も行っていくとしている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1400