相武紗季がPiper公演で初舞台 - 2009年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 来年4〜5月に本多劇場で公演が予定されているPiper『THE LEFT STUFF』で、人気女優の相武紗季が初舞台を踏む。

作・演出を手掛けるのは、後藤ひろひと。海底に埋没する次世代エネルギー「メタンハイドレード」を調査する組織「NOE」の調査員になるため、最終選考に挑む一人の女性候補生が、海底基地で6人の男性ともに7日間の共同生活を送るというコメディー。

候補生を演じるのは相武紗季。海底基地のスタッフを、Piperのおなじみの面々、川下大洋、後藤ひろひと、山内圭哉、竹下宏太郎、腹筋善之介に加え、岡田義徳とお笑いコンビ・ガレッジセールの川田広樹が演じる。

チケット発売日は未定。東京のほかに大阪、名古屋、広島、仙台での公演が予定されている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1466