INOUEKABUKI SHOCHIKU-MIX『蛮幽鬼』フォトコール - 2009年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
堺雅人(左)と上川隆也

▲堺雅人(左)と上川隆也

上川隆也 早乙女太一(手前左)と稲森いずみ

▲上川隆也

▲早乙女太一(手前左)と稲森いずみ

会見より。左から早乙女太一、堺雅人、上川隆也、稲森いずみ

▲会見より。左から早乙女太一、堺雅人、上川隆也、稲森いずみ

劇団☆新感線と松竹がタッグを組む「INOUEKABUKI SHOCHIKU-MIX」シリーズの第6弾『蛮幽鬼』。9月30日に初日を迎えた同作の開幕直前、主要キャストの上川隆也、堺雅人、稲森いずみ、早乙女太一の囲み取材が行われ、マスコミ向けに一部シーンが公開された。

物語の舞台は、陰謀渦巻く架空の古代国家。国をまとめる支柱とすべく、「蛮教」を学ぶために先進国に留学していた4人の若者。ある日、その一人が何者かによって暗殺され、同行の伊達土門(上川)が無実の罪で監獄島に幽閉される。濡れ衣を着せた者への復讐を誓った土門は、10年後、サジと名乗る男(堺)と出会いともに脱獄。名前を変えて「蛮心教」を興し復讐の機会を狙っていた。そんな彼の元に、かつて将来を誓い合うも今は王妃となった美古都(稲森)とその護衛・刀衣(早乙女)が現れ——。

劇団☆新感線の劇作家・中島かずきが『モンテ・クリスト伯』に代表される復讐譚をモチーフにして書き上げた壮大な人間ドラマに、新橋演舞場の花道を生かした演出や、いのうえ歌舞伎ならではの激しい立ち回り、そして笑い——見どころの多い作品だ。

登壇者4人は全員が初共演。だが、稽古が始まった時からそれを意識することなくやれたという。囲み取材でも、「役柄だけでなく衣裳やメイクもすべて、いつもの自分とはまったく違う気がします。気合いを入れ過ぎることなく歯車を合わせて臨みたい」(上川)、「空回りせずに皆さんと一緒に物語を紡いでいきたい」(堺)、「大好きな殺陣も多くてうれしいですが、いい意味で頑張りすぎないように頑張ります」(早乙女)、「緊張しすぎずに稽古の通りにしっかりやれれば」と、それぞれが平常心で臨む姿勢を強調し、順調な仕上がりとチームワークの良さをうかがわせた。

公開された一部シーンでは、稽古中も共演者たちがその美しさに見とれたという早乙女の殺陣はもちろん、上川と堺も負けず劣らずキレのある動きを披露。稲森も王妃役としての落ち着いた佇まいを見せた。

公演は10月27日(火)まで新橋演舞場、11月9日(月)〜26日(木)まで大阪・梅田芸術劇場にて。

インフォメーション

【スタッフ】作=中島かずき 演出=いのうえひでのり

【キャスト】上川隆也/稲森いずみ/早乙女太一/橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと/山内圭哉/山本亨/千葉哲也/堺雅人 ほか

【東京公演】
2009年9月30日(水)〜10月27日(火)
・会場=新橋演舞場
・チケット発売中
・料金=全席指定1等席12,600円/2等席7,500円/3階A席6,300円/3階B席3,500円 *当日券あり(当日の10時より劇場窓口にて販売)
・お問い合わせ=チケットホン松竹 TEL.03-5565-6000

【大阪公演】
2009年11月9日(月)〜26日(木)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・チケット発売中
・料金=全席指定S席12,500円/A席10,500円/B席7,500円
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-7732-8888

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1472