「フェスティバル/トーキョー09秋」で劇評コンペを開催 - 2009年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今月23日から開催される舞台芸術フェスティバル「フェスティバル/トーキョー09秋」で、上演される演目の劇評を一般公募する。

「フェスティバル/トーキョー」では、作品発表だけでなく、観客側の批評活動の展開もフェスティバルの一環であるという考えから、劇評を一般から募集しウェブ上での批評の場を提供。次代を担う劇評家・批評家の発掘・育成を目的としている。

劇評の対象となる演目を観劇し、3,000字〜5,000字の劇評を、実名・プロフィールとともにフェスティバル/トーキョー事務局へ提出。事務局による確認後、原稿は「F/T劇評コンペ」特設ブログ上で掲載される。

応募された劇評は、内野儀(東京大学教授)、鴻英良(演劇評論家)、高橋宏幸(演劇批評/シアターアーツ編集代表)が審査し、「フェスティバル/トーキョー09秋」クロージング時に優秀作品(3作品程度)が発表される。優秀賞の副賞として来年11月開催予定の「フェスティバル/ トーキョー10」全演目ご招待と、審査員が編集委員を務める文芸誌・学会誌への掲載が検討される。

 

【応募要項】

応募条件
1)該当演目作品を実際に観劇できる方
2)該当演目の観劇後、下記の締切日までに3000字以上5000字以内の劇評を提出できる方
3)実名およびプロフィール(200字〜300字)つきで投稿できる方

審査までの流れ
1. 原稿提出
下記の締切日までに、以下の情報を添えて原稿を提出
・氏名(ふりがな)
・日中連絡のとれる電話番号
・劇評の対象となる演目名および観劇日時
・執筆者のプロフィール(200字〜300字程度)
・劇評(テキストデータで3000字以上5000字以内)
宛先=フェスティバル/トーキョー 劇評コンペ係 gekihyo@anj.or.jp
2. F/T事務局による確認
・固有名詞の誤記、事実との相違などは、事務局側から修正依頼がある場合あり
・明らかに誹謗中傷と読み取れる内容に関しては、事務局の判断で掲載されない場合あり
3. 掲載
・原稿は、F/T事務局が設置する「F/T劇評コンペ」特設ブログ上にテキスト形式で掲載
・外部からのコメントの書き込みは受付けない
*原稿の著作権は執筆者本人に帰属
4. 審査および優秀賞の発表
・下記の審査委員による審査会を経て、優秀作品を選出(3作品程度)。F/Tクロージング時(12月20日)に発表
・優秀賞受賞作に対しては、審査委員よる選評とともにウェブ上に公開

審査委員
・内野儀(東京大学教授)
・鴻英良(演劇評論家)
・高橋宏幸(演劇批評/シアターアーツ編集代表)

副賞
・次回フェスティバル/ トーキョー10(2010年11月実施)全演目ご招待
・審査委員3名が編集委員を務める文芸誌・学会誌等への掲載を検討

対象演目および原稿提出締切
・『ろじ式』:10月29日(木)
・『あの人の世界』『H3』:11月12日(木)
・『4.48 サイコシス』『花は流れて時は固まる』『個室都市 東京』:11月23日(月・祝)
・『デッド・キャット・バウンス』『フォト・ロマンス』:12月1日(火)
・『卵を立てることから―卵熱』『太陽と下着の見える町』:12月10日(木)
・『神曲−地獄篇』『CargoTokyo-Yokohama』:12月17日(木)
*一人の投稿者につき3演目まで応募可能 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1479