さまぁ〜ず初主演 福田雄一脚本、映画「かずら」公開決定 - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

バラエティーで人気のお笑いコンビ「さまぁ〜ず」の映画初主演作品「かずら」が来年1月30日より公開される。

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」やテレビドラマ「時効警察」を手掛け注目を集める塚本連平が監督・脚本を、共同脚本をフジテレビ月9ドラマなど、近年幅広い活躍を見せる福田雄一が担当。「ぼくたちと〜」に続き塚本とタッグを組む。

本作は、自らカツラ着用を公言しているスポーツライターの小林信也のエッセイが原案。若ハゲに悩みカツラを着用するサラリーマン・森山(三村マサカズ)が、転勤を機に街で出会った謎の店主・大和(大竹一樹)とともに悩みの解決に挑む。ある時、森山は一人の女性(芦名星)に恋をするが……。コンプレックスを抱える人間の滑稽さを描いた、シュールでハートウォーミングなコメディーだ。

共演者にはベンガル、井森美幸、田中要次、正名僕蔵、酒井敏也、載寧龍二、岩松了、丘みつ子、麿赤児ほか個性豊かな俳優陣が名を連ねている。

2010年1月30日より、渋谷・シネクイントほかにて全国順次レイトロードショー公開される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1539