オンシアター自由劇場のメンバーが再結集 『上海バンスキング』再演決定 - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

来年2月、現在数多くの舞台、映像で活躍する元・オンシアター自由劇場の面々が再結集し、『上海バンスキング』が上演される。

本作は斎藤憐の作。昭和初期の上海を舞台に、音楽と自由と愛を謳歌するジャズマンたちの物語を、役者自らの生演奏とともにつづる音楽劇だ。

79年に串田和美が主宰するオンシアター自由劇場で初演。以後幾度も再演が行われ、84年には深作欣二監督で、88年には串田自ら監督を務めた映画版も公開された人気作だ。ラスト公演は、94年のシアターコクーンでの公演。今回の公演で16年ぶりの再演となる。

舞台に立つのは吉田日出子、串田和美、笹野高史、さつき里香、大森博史、真那胡敬二、小日向文世、小西康久、三松明人、内田紳一郎、片岡正二郎とオンシアター自由劇場のメンバーがそろっている。しかも、配役は各公演ごとに変わり、開演1時間前に発表されるという。

2010年2月23日から3月14日、Bunkamura シアターコクーンで公演。チケット前売は12月26日より開始。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1541