シルク・ドゥ・ソレイユ『ダイハツ コルテオ』東京最終公演が開幕 - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
華麗な空中アクロバットを繰り広げる「シャンデリア」 「ヘリウム・ダンス」

▲華麗な空中アクロバットを繰り広げる「シャンデリア」

▲「ヘリウム・ダンス」

「バウンシング・ベッド」

▲「バウンシング・ベッド」

豊かな表情と間で笑わせる「ゴルフ」 クリスタルグラスでメロディーを奏でるドリーマー・クラウンとジャイアント・クラウン

▲豊かな表情と間で笑わせる「ゴルフ」

▲クリスタルグラスでメロディーを奏でるドリーマー・クラウンとジャイアント・クラウン

身体の柔軟性と力強さを表現する「アダージョ・デュエット」

▲身体の柔軟性と力強さを表現する「アダージョ・デュエット」

今年の2月に東京で開幕した、シルク・ドゥ・ソレイユ『コルテオ』。その後、愛知、大阪を回り、各地で好評を博した同作が、11月4日より再び東京での公演をスタートさせた。

イタリア語で“行列”を意味する『コルテオ』。一人のクラウンが死の間際に見た夢を、魅力的なキャラクターによる卓越したアクロバットと生演奏で紡いでいく。円形ステージを最大限に使用し、時には客席をも巻き込む演出は観客を一瞬にして夢の世界へ。さらにシルク初となるせりふを随所に織り交ぜることで、これまでにはない物語性が生まれ、より深く作品世界に触れることができる内容となっている。

アクロバットの数々は、幻想的で芸術性の高いまさにシルクでしか観られないものばかり。中でもベッドの上で華麗に跳ね回る、遊び心満載の「バウンシング・ベッド」や巨大なヘリウムのバルーンに乗った小さな貴婦人クラウネスが優雅な空中散歩を見せる「ヘリウム・ダンス」などが観客を沸かせていた。

東京最終公演は2010年1月24日まで。2月11日から4月4日まで福岡千早・新ビッグトップ、4月21日から6月6日まで宮城仙台・新ビッグトップでも公演あり。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1544