俳優の森繁久彌さんが死去 - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 舞台や映画、テレビなど幅広く活躍し親しまれた俳優の森繁久彌(もりしげ・ひさや)さんが10日、老衰のため死去したことがわかった。96歳だった。

1913年、大阪府生まれ。早稲田大学商学部に在学中、演劇活動を始める。大学を中退後、東宝劇団や古川ロッパ一座などでの下積みや、NHKアナウンサーとしての経験を経て、戦後、映画界へ進出。

映画「夫婦善哉」や「社長」「駅前」「次郎長三国志」などの喜劇映画シリーズなどで活躍し、独特の人間味のある喜劇俳優として幅広い人気を得た。

舞台では、19年間に上演900回を達成したミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』のテヴィエ役や、『佐渡島他吉の生涯』の他吉役などが当たり役なった。

また、俳優としてだけではなく、自身作詞・作曲の「知床旅情」をヒットさせるなど多才ぶりを見せた。

76年に菊田一夫演劇大賞を受賞、84年に文化功労者に選ばれた。91年には文化勲章を受章、演劇界で初の受章者となった。日本映画俳優協会や日本喜劇人協会の会長、日本俳優連合名誉会長なども務め、俳優の地位向上にも貢献した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1547