柿喰う客が三重県文化会館で“2週間演劇漬け” スポーツ演劇『すこやか息子』を上演 - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

中屋敷法仁が主宰を務める劇団「柿食う客」が、三重県文化会館で新作を制作・上演する。

「スポーツ演劇」を掲げた公演のタイトルは、『すこやか息子』。「スポーツ演劇」を「俳優が舞台上で行う演技を“有酸素運動”の一種と解釈し、“演じれば演じるほど健康になる”という状態を生み出す」というコンセプトと定め、同作を「演劇とスポーツの融合を標榜する先駆的演劇作品」と謳う。

柿食う客は今年3月に愛知で行なわれた「演劇博覧会 カラフル3」で、「三重県文化会館賞」を受賞、今回の企画に至った。

作品制作にあたり、柿食う客のメンバーは三重県に2週間にわたり滞在。さらに、滞在期間中は、同会館の小ホールを「24時間貸切」で使用、「三重県でしか見ることのできない演劇」の創作を目指す。舞台に立つのは、同劇団の俳優たちと、同県で行われたオーディションで全国から集まった俳優たちだ。

作品の稽古、上演だけでなく、同県内の現役高校生と短編の創作・発表を行うワークショップや、稽古の一般公開といった、県民と交流できる企画も用意されている。また、稽古場の様子は、ライブ配信ウェブサービス「USTREAM」を使って、ウェブ上でリアルタイム中継もされている。 

【追記:2009/11/17】
『すこやか息子』の東京公演開催が決定。12月25日(金)から27日(日)まで、王子小劇場にて。

インフォメーション

柿喰う客×三重県文化会館
スポーツ演劇『すこやか息子』

【スタッフ】構成・演出=中屋敷法仁(柿食う客)
【キャスト】玉置玲央(柿喰う客)/深谷由梨香(柿喰う客)/村上誠基(柿喰う客)/串田仁美 from 千葉/元山未奈美(劇団スマイルバケーション) from 東京/稲葉瑞希 from 愛知/今津知也(オレンヂスタ) from 愛知/右角81(劇団バッカスの水族館) from 愛知/深川あずこ(ビキニロケッツ) from 愛知/伊藤寛隆(オイスターズ)from 岐阜/池田和佳美 from 三重/中森純子 from 三重/道下美和(ALLURE) from 三重/大村亘 from 奈良/大西千保 from 大阪/吉田沙弥(劇団ひまわり) from 大阪/川面紗織 from 兵庫/富田文子(劇団ぎゃ。) from 福岡

11月28日(土)・29日(日)
・会場=三重県総合文化センター内 三重県文化会館 小ホール
・チケット発売=発売中
・料金=一般1,500円/高校生以下500円
・三重県文化会館 事業推進グループ TEL.059-233-1112(月曜休館)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1568