ミュージカル『パイレート・クィーン』開幕! - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
勇ましく戦うグレイス役の保坂知寿

▲勇ましく戦うグレイス役の保坂知寿

グレイスの恋人役を演じる山口祐一郎(右) エリザベス1世役の涼風真世は本作で久しぶりに高音を披露

▲グレイスの恋人役を演じる山口祐一郎(右)

▲エリザベス1世役の涼風真世は本作で久しぶりに高音を披露

会見より。左から山口、保坂、涼風  

▲会見より。左から山口、保坂、涼風

『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』のコンビ、クロード=ミシェル・シェーンベルク(作曲)とアラン・ブーブリル(作詞)の最新作『パイレート・クィーン』が28日に初日を迎える。

主演を務めるのは、歌唱力に定評のあるベテラン3人。

その一人で、ヒロインの恋人を演じる山口祐一郎は、「二人の美女に囲まれて幸せです」と照れた表情。その隣には、アイルランドの女海賊グレイスを演じる保坂知寿、そしてその敵国イギリスを統治するエリザベス1世役の涼風真世が並ぶ。

舞台は、16世紀。“海の女王”としてアイルランドを率いた実在の女性グレイス・オマリーの壮絶な人生を軸に、同郷の恋人ティアナンとの恋模様やエリザベス1世との拮抗などが、情緒あふれる壮大なメロディーに乗せて描かれる。劇中で披露されるアイリッシュダンスも見どころの一つで、本場のアイリッシュダンサー4人が参加する躍動感あふれるステージは、話題を集めそうだ。

東京公演は12月25日まで。元旦からは大阪公演が始まる予定だ。

インフォメーション

『パイレート・クィーン』

【スタッフ】原作=モーガン・ルウェリン/脚本・歌詞=アラン・ブーブリル/脚本・音楽=クロード=ミッシェル・シェーンベルク/脚本・歌詞=リチャード・モルトビーJr/歌詞=ジョン・テンプゼイ/演出=山口和也/振付(アイリッシュ・ダンス)=キャロル・リーヴィ・ジョイス
【キャスト】保坂知寿/山口祐一郎/今井清隆/石川禅/宮川浩/涼風真世 ほか

【東京公演】
2009年11月28日(土)〜12月25日(金)
・会場=帝国劇場
・料金=全席指定S席13,000円/A席8,000円/B席4,000円
・チケット発売中
・お問い合わせ=帝国劇場TEL.03-3213-7221

【大阪公演】
2010年1月1日(金・祝)〜11日(月・祝)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・料金=全席指定S席13,500円/A席9,000円/B席5,000円
・チケット発売中
・お問い合わせ=梅田芸術劇場TEL.06-6377-3800

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1603