2年間のロングランに幕 『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』千秋楽! - 2009年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
カーテンコールでは、大きな拍手がわき起こった

▲カーテンコールでは大きな拍手がわき起こった

07年12月1日に開幕した、『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』が11月29日千秋楽を迎え、2年間のロングラン公演に幕を閉じた。

同公演は、六本木に専用劇場の建設、メディアパートナーによる制作委員会の組織という興行体勢でロングランに臨み、2年間で713公演、観客動員は47万人を突破を記録。千秋楽が発表された以降、チケットは連日売切、多くの人が当日券を求め、まさに「満員御礼」でのフィナーレを飾った。カーテンコールでは、観客のスタンディングオベーションと大きな拍手がブルーマンとミュージシャンたちを迎え、その後も拍手は鳴り止まず、異例の2度のカーテンコールが行われた。

今回の成功に対し、ニューヨークのオリジナルのメンバーたちは、「日本での公演は自分たちの夢。それを大成功に導いてくださったメディアパートナーに心からお礼を申し上げます。そして、このショーを楽しんでくださったお客様、是非、いつまでもブルーマンの楽しさを覚えていてください。本当にありがとうございました」とメッセージを送っている。 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1604