「宝塚歌劇検定」来年3月に第1回を実施 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

 宝塚歌劇団監修による「宝塚歌劇検定」が来年3月に実施される。

ファンにさらなる魅力を発見してもらうと同時に、新たなファン層の拡大を目的に同劇団が企画。今回は、2級と3級が受験できる。

3級は、新規ファン向けの入門コース。宝塚歌劇の歴史におけるヒット作品、関連用語、現在活躍中のトップスターを中心とした基礎知識が問われる。2級は、さらにこれまでのトップスターたちや、演出家など舞台制作スタッフ、舞台の仕組みなど、より広い知識を問われる中級コースになっている。

1級は、第2回以降に開催され2級認定者のみ受験可能で、内容は上級者向けを予定しているという。

合格者へは特典として各級の合格認定証のほかに、観劇チケット(1級)、好きな生徒の直筆サイン入り色紙(2級)、好きな組の生徒名鑑(3級)なども贈られる。なお、第1回目の受験者は全員オリジナルクリアファイルをもらうことができる。

試験は2010年3月28日に東京と大阪で実施。受験申し込みは1月8日から2月20日まで。受験料は2級が5,800円、3級が4,800円(2・3級併願は9,800円)。受験要項は同劇団の劇場や、全国の主要書店で入手できる。詳細は公式サイトを参照。

検定実施にあわせて、「宝塚歌劇検定 公式基礎ガイド2010」(2,500円、来年1月8日発売予定)、「宝塚歌劇検定 公式テキスト2005-2009」(2500円、来年1月中旬発売予定)も発売される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1627