「テニミュ」プロデューサーによるワークショップが開催 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

東京・秋葉原でコンテンツプロデューサーを育成する「東京ディストリビューション・オブ・コンテンツセミナー」(TDCS)のイベントとして、ネルケプランニング・プロデューサーの井上孝史によるワークショップが開催される。

同氏はこれまでにミュージカル『テニスの王子様』、『ROCK MUSICAL BLEACH』など、アニメ・マンガ作品の舞台化した人気作品のプロデュースを手掛けてきた。

ワークショップは「ペライチで伝わる企画書の書き方」と題し、企画の生み出し方、そして「ペライチ」(紙ペラ1枚)で相手にわかりやすく、早く伝えるノウハウを教わり、さらに実際に企画書を作成・発表し、その場で指導が受けられる。「自分の好きなアニメをミュージカル化させたい」というアニメ、ミュージカルファンだけでなく、企画力・提案力を身につけたいビジネスマンにも向けた内容にもなっている。

ワークショップは12月19日、15:30から、会場は東京・秋葉原UDXビル 4F TDCS。参加費は3,000円(2人での申し込みは5,000円)定員は先着20名。申し込みは公式サイトから。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1633