和央ようかが舞台へ復帰 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

元宝塚歌劇・宙組トップスターの和央ようかが、来年春の舞台『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』へ出演することがわかった。和央は、今年2月の舞台を体調不良により降板しており、08年の『CHICAGO』以来、約1年4カ月ぶりの舞台復帰となる。

和央ようかが演じるのは、伝説の女優と謳われたマレーネ・ディートリッヒ。映画「嘆きの天使」で注目を集め、1930年に渡米。映画「モロッコ」をはじめとしたハリウッド映画だけでなく、舞台女優、歌手としても活躍した。

ドイツ出身でありながら、ヒトラーからの帰国要請を断りアメリカ市民権を獲得。第二次大戦中にはヨーロッパの最前線でアメリカ軍兵士の慰問を行うなど、自身の信念を強く貫いた女性としても知られ、作家のヘミングウェイ、ジャン・コクトー、俳優のジャン・ギャバン、歌手のエディット・ピアフといった、才人たちとも交流が深かったという。

宙組時代、和央とともにコンビを組み、退団後和央のマネージャーを務めていた花總まりも今作で舞台へ復帰、エディット・ピアフを演じる。そのほか共演者には、鈴木綜馬、桜木涼介、宮川浩、今陽子、横内正ら。そして、バレエダンサーの吉田都が東京公演のみ特別出演する。

東京公演は2010年3月12日から28日まで青山劇場で、大阪公演は4月3日・4日に梅田芸術劇場で行われる。

インフォメーション

 『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』

【スタッフ】脚本・訳詞・作詞=竜真知子 演出=釜紹人
【キャスト】和央ようか/鈴木綜馬/花總まり/桜木涼介/宮川浩/今陽子/横内正/吉田都(東京公演のみ) ほか

【東京公演】
2010年3月12日(金)〜28日(日)
・会場=青山劇場
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337

【大阪公演】
2010年4月3日(土)・4日(日)
・会場=梅田芸術劇場
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1645