第64回芸術祭賞発表 大賞に大滝秀治 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

文化庁は18日、平成21年度(第64回)芸術祭賞を発表。演劇部門で俳優の大滝秀治、音楽部門で尺八演奏家の三橋貴風と大阪シンフォニカー協会をはじめ、5部門で2名と4団体が大賞に選ばれた。大滝は、今年10月、別役実が古典落語を元に戯曲を書き下ろした劇団民藝公演『らくだ』での演技が高い評価を受けた。

そのほか、演劇部門では優秀賞に、演劇集団円『コネマラの骸骨』の演出を務めた森新太郎、劇団MONO特別公演『チェーホフを待ちながら』を上演した有限会社キューカンバー、『東京ノート』を上演した青年団が選ばれた。新人賞にKAKUTA『甘い丘』の作・演出を手掛けた桑原裕子、宝塚歌劇・月組の霧矢大夢が選ばれている。

贈呈式は、関西参加公演の受賞者は2010年1月18日にホテルニューオータニ大阪にて、関東参加公演の受賞者は1月27日に如水会館にて行われ、各賞の受賞者へ賞状とトロフィー、賞金(大賞60万円・優秀賞30万円・新人賞20万円)が授与される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1664