第二回落語大秘演会 伊藤園 笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR 2009-2010『WHITE』セカンドシーズン 特別追加公演取材会 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
笑福亭鶴瓶

▲笑福亭鶴瓶

笑福亭鶴瓶が全国をまわる「落語大秘演会シリーズ」。09年秋に行われたファーストシーズンでは、人気落語家をゲストに迎えて連日夢の共演が実現し、会場が爆笑に包まれた。2010年2〜4月に開催されるセカンドシーズンでは、総勢20名の噺家それぞれの郷土へ鶴瓶が赴き、そこで落語会を開催。壮大なスケールのコラボレーションとなる。

それは見逃せない……という方も多いと思うが、注目公演だけにすでに前売はほぼ完売(急げ!)。急遽、特別追加公演が決定した。こちらは落語ではなく、日常で起こる「面白い」ことをスタンダップで、鶴瓶ならではの視点を通して語る『ツルベ噺』だ。先日行われた取材会で、その意気込みを鶴瓶に聞いた。

 

笑福亭鶴瓶

■東京ではおなじみの『ツルベ噺』は約15年続いている人気公演ですが、ツアーでまわるのは今回が初です。どういったきっかけだったのでしょう?

『ツルベ噺』ではラストの話はいつもスタッフに「どんな話をしてほしい?」って聞くんですよ。で、09年はうちのやつ(妻)との出会いをしゃべってほしいって言われて。これ、ずいぶん前から……その昔は学園祭とかでもずっとしゃべってた話なんですけど、すごくウケがいいんですよ。その話をやると、終演後、タクシーのところまで人がワーって、スターみたいに人が集まったりして(笑)。で、この間の『ツルベ噺』で最後にこの話をして、映像とか、演出も絡めたやり方もすごく成功したっていう実感があって。「これは全国まわれる形だよね」ってその時に話していたのが実現するって感じです。

15年間で何か変化はありましたか?

毎年、その年にあった面白いことをリストにするんですけど、始まった当初の94年は98項目しかなかった。で、09年は600以上あったんですよ。年齢とともに物事の見方が違ってきてるんでしょうね。100でもすごいなーって言ってたのに。同じ1年なのに不思議ですよね。くだらないの、しょうもないのもありますよ(笑)。

笑福亭鶴瓶

07年にも落語で芝居小屋をまわる全国ツアーをされました。各地の観客の前で演じた手応えを教えてください。

「らくだ」っていう古典中の古典を持って、秋田の康楽館から熊本の八千代座までまわったわけですけど、どちらもスタンディングオベーション。……このネタ、あえてきつい言葉が入った、大阪弁のかたまりみたいな話なんですけど、言葉が違うにも関わらず、すごい熱気だったんですね。大阪弁であろうがなんだろうが通じて、それはうれしかったですね。あと、歌舞伎座での初日は、すごく緊張して、自分としては満足なできじゃなかったんです。話していてもフィットしないというか、その日の夜は悔し涙を流したくらい……。

でも、ある方が「すごいよかった」って言ってくれて。要は、自分ではダメだと思ったのに、初めて観た人はよかったって思ってくれることがある。僕の思いとお客さんの思いとは違う。こっちの熱がどう伝わるかっていうか、うまいヘタとかっていうのではなく、自分の“とにかく一生懸命やりますから”っていう熱が伝わったんだと思うんですけど。そういう思いもあって、もう一度全国をまわりたいという気持ちはありました。

笑福亭鶴瓶

お忙しいスケジュールの中で舞台をこなすというのはなかなか大変ですよね。

この『WHITE』でゲストに出てくれる噺家たちは、年間最低でも300〜400席やってるんですよ、すごい人では600とか。すごいでしょ。僕もテレビのレギュラーやって、(NHK「家族に乾杯」で)日本全国を飛び回ってクソ忙しい中をぬって去年はやっと74席。まだまだ足らない。100打席ぐらいは年間に立ちたいんですよね。

(春風亭)昇太でも、(立川)志の輔でも、数をこなしている人たちと舞台をやるわけですから。そういった人との競演舞台で、僕が何をやるのか。落語会はその日、暗黙のうちに決めないといけないんですよね。それはすごくこわいけど楽しい。舞台は生もの。初めて会う観客の前で話せると思うとワクワクしますね。

インフォメーション

笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR 2009-2010『WHITE』セカンドシーズン 特別追加公演

【スタッフ】演出=タカハタ秀太
【キャスト】笑福亭鶴瓶

2010年2月15日(月)〜3月28日(日)

全公演共通
・チケット発売日=2010年1月16日(土)
・全席指定5,250円
・お問い合わせ=WHITE事務局 TEL.03-5775-2777

【山梨公演】
2010年2月15日(月)
・会場=山梨県立県民文化ホール 小ホール

【鹿児島公演】
2010年2月21日(日)
・会場=鹿児島市民文化ホール 第二ホール

【大分公演】
2010年2月23日(火)
・会場=iichiko 音の泉ホール

【兵庫公演】
2010年2月27日(土)
・会場=小野市民会館

【神奈川公演】
2010年3月6日(土)
・会場=南足柄市文化会館 大ホール

【千葉公演】
2010年3月9日(火)
・会場=千葉市民会館 大ホール

【静岡公演】
2010年3月13日(土)
・会場=静岡市清水文化センター 大ホール

【三重公演】
2010年3月17日(水)
・会場=三重県文化会館 中ホール

【新潟公演】
2010年3月20日(土)
・会場=りゅーとぴあ

【北海道公演】
2010年3月27日(土)
・会場=札幌市教育文化会館 大ホール

2010年3月28日(日)
・会場=幕別町百年記念ホール

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1672

トラックバック一覧

[【演劇ニュース】]笑福亭鶴瓶が全国をまわる「落語大秘演会シリーズ」
笑福亭鶴瓶が全国をまわる「落語大秘演会シリーズ」。09年秋に行われたファーストシーズンでは、人気落語家をゲストに迎えて連日夢の共演が実現し、会場が爆笑に......
from:演劇マガジンTHEACON(しあこん)|チケット情報・演劇ニュース 2010年1月10日 18:54