第16回OMS戯曲賞が決定 - 2009年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

関西に在住、または関西で主に活動する劇作家を対象とした「第16回OMS戯曲賞」の選考会が、25日に大阪・精華小劇場で開催され、大賞は大竹野正典さんの『山の声』に決定した。

大竹野さんは劇団「くじら企画」主宰の劇作・演出家として活躍していたが、今年7月に海水浴で事故に遭い急逝。死を惜しむ声が相次いだ。遺作となった受賞作は、登山家・加藤文太郎が残した山行記録集「単独行」を題材に、山に取り憑かれた男の人生の喜びと孤独に迫った作品だ。

佳作には、A級MissingLink、土橋淳志さんの『裏山の犬にでも喰われろ!』が選ばれた。公式サイトでは、候補作を8作が閲覧可能。来年2月に、選評・選考経過及び受賞戯曲を掲載した書籍が出版予定となっている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1677