野田秀樹が09年度朝日賞を受賞 - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

1日、朝日新聞文化財団が主催する、朝日賞の09年度受賞者が発表。劇作・演出家・役者の野田秀樹ら5名へ贈られることがわかった。

同賞は、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、日本の文化や社会の発展、向上に貢献した個人・団体へ贈られる。野田は「新しい現代演劇の開拓と海外交流の推進」の功績が認められての受賞となった。

授賞式は28日、千代田区・帝国ホテルにて行われ、受賞者へは正賞のブロンズ像と、副賞500万円が贈られる。その他の受賞者は以下の通り。

【2009年度朝日賞】
・伊東豊雄(建築家)=現代建築における空間表現の可能性を広げた業績
・野田秀樹(劇作家・演出家・俳優)=新しい現代演劇の開拓と海外交流の推進
・深谷賢治氏(京都大大学院理学研究科教授)=シンプレクティック幾何学の研究
・豊島近(東京大分子細胞生物学研究所教授)=カルシウムポンプ作動機構の解明
・諏訪元(東京大総合研究博物館教授)=ラミダス猿人など初期人類の進化に関する研究

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1696