第142回芥川賞候補に松尾スズキ - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

財団法人日本文学振興会は5日、第142回芥川賞・直木賞の候補作を発表。芥川賞候補作に、劇団大人計画主宰で、劇作・演出家・俳優の松尾スズキの「老人賭博」など、5作品が選出された。

松尾は第134回「クワイエットルームにようこそ」以来、同賞2度目のノミネート。そのほか候補者に、兄弟で共作する大森兄弟の「犬はいつも足元にいて」、覆面作家の舞城王太郎による「ビッチマグネット」など多彩な顔ぶれとなっている。

選考会は14日に東京都内の料亭「新喜楽」で行われる。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1697