森田剛主演『血は立ったまま眠っている』が開幕! - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
寺島しのぶ(左)と窪塚洋介

▲寺島しのぶ(左)と窪塚洋介

遠藤ミチロウ(左)

▲遠藤ミチロウ(左)

寺山修司が23歳で書き下ろした処女戯曲を蜷川幸雄が演出! 蜷川作品初出演となる森田剛や、これが初舞台となる窪塚洋介はもちろん、寺島しのぶら豪華キャスト陣でも話題の『血は立ったまま眠っている』が、1月18日(月)の開幕直前、一部シーンをマスコミ向けに公開した。

孤独の中、身を寄せ合い社会の変革を夢見る若きテロリストの良(森田)と灰男(窪塚)、灰男と恋に落ち、彼に影響を与えていく良の姉・夏美(寺島)。この3人に、チンピラや娼婦、床屋の父子などによる闇取引の騒動がからみ合い、物語は進行していく。

この日公開されたのは、何もない舞台に倉庫、公衆便所、床屋などのセットが立ち上がっていくオープニングと、倉庫で繰り広げられる恋に落ちた灰男と姉、二人への複雑な嫉妬心に揺れる良の3人によるシーン。短い時間ではあったが、混沌とした空間の中で放たれる寺山節が美しかった。

蜷川幸雄    

▲蜷川幸雄

その後の囲み取材で演出の蜷川は、「この作品には、若き日の寺山の言葉の美しさや良さがあふれている。これを上演するまでは死にたくない!という思いでんだ。美しさと猥雑さが混在した世界を楽しんでほしい」とコメント。森田についても「狙いを定めてオフォーを出したのは正解だった。ピュアで真面目で芯がしっかりしていて、せりふや声のコントロールもうまい」と絶賛した。

対する森田は、「蜷川さんは怖いと聞いていたけど、実際はそんなことなくて、稽古場には活気と蜷川さんの愛がありました。最初は45点!と言われたこともあったけど、昨日ようやく90点をいただいて(笑)。良の真っすぐでキラキラしたところを大切にしながら思い切り演じたい」と意気込みを語った。

東京公演は2月16日(火)まで渋谷のBunkamura シアターコクーンにて。大阪公演は、2月21日(日)から28日(日)までシアターBRAVA!にて。

インフォメーション

『血は立ったまま眠っている』

【スタッフ】作=寺山修司 演出=蜷川幸雄 音楽=朝比奈尚行/遠藤ミチロウ
【キャスト】森田剛/窪塚洋介/遠藤ミチロウ/金守珍/大石継太/柄本佑/三谷昇/六平直政/寺島しのぶ ほか

東京公演
2010年1月18日(月)〜2月16日(火)
・会場=Bunkamura シアターコクーン
・料金=全席指定S席9,500円/A席7,500円/コクーンシート5,000円
・前売は完売
※当日券は劇場当日券売場にて開演90分前に抽選後、開演60分前より販売。詳細は問合せを
・お問い合わせ=Bunkamura シアターコクーンTEL.03-3477-3244

大阪公演
2010年2月21日(日)〜28日(日)
・会場=シアターBRAVA!
・料金=全席指定S席9,500円/A席7,500円
・チケット発売中
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-7732-8888

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1720