舞台美術家・藤本久徳さんが死去 - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台美術家の藤本久徳(ふじもと・ひさのり)さんが、17日肺炎のため都内の病院で死去したことがわかった。77歳だった。

東京都出身。慶応大学在学中から舞台美術に携わり、53年に浅利慶太らとともに劇団四季を創立した。『エクウス(馬)』『アンチゴーヌ』など、同劇団の舞台をはじめ数多くの舞台美術を手掛けた。また、日生劇場の舞台設計への参加、各地の劇場・会館の建設に関わるなど舞台美術の世界で幅広く活躍した。

2月8日、17時より劇団四季主催の「劇団葬」が自由劇場で行われる。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1726