「東京芸術劇場チケットサービス」ウェブサイトがウィルス感染 - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

東京都は21日、東京芸術劇場の公演チケット販売サービスのウェブサイト「東京芸術劇場チケットサービス」が、第3者からの不正アクセスを受け、改ざんされていたことを発表した。

改ざんされた期間は、09年12月17日から10年1月19日までで、アクセス件数は23,181件。今月9日に、利用者からの苦情で、ウェブサイトがコンピューターウィルス「Gumblar(ガンブラー)」に感染していることが発覚。一度復旧するも他ファイルへの感染がわかり19日にサイトを閉鎖した。

改ざんされたウェブページを閲覧した場合、Gumblarの亜種に感染し意図しないサイトへ誘導される可能性がある。現時点では、個人情報流出などの被害申し出はないという。

ウェブ上のチケットサービスは復旧対応を行っており、安全性が確認されるまでサービスを閉鎖。同劇場のサイト上で謝罪文を掲載するとともに、注意を呼びかけている。チケットの予約・購入については、電話、劇場窓口にて受け付けている。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1731