歌舞伎座さよなら公演 二月大歌舞伎 十七代目中村勘三郎二十三回忌追善 取材会 - 2010年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
左から中村七之助、中村勘太郎、中村勘三郎

▲左から中村七之助、中村勘太郎、中村勘三郎

『俊寛』 十七代目 中村勘三郎

▲『俊寛』 十七代目 中村勘三郎

歌舞伎座の二月公演「十七代目中村勘三郎二十三回忌追善」の取材会が、十七代目の息子である当代の勘三郎と、孫にあたる勘太郎、七之助の登壇で行われた。勘三郎は「(歌舞伎座のさよなら公演中に二十三回忌を迎える)うちの親父は間がいいよ(笑)。こういうめぐりあわせを、上で喜んでいると思います。子どもたちと追善をやらせていただけてうれしい」と語った。

昼の部に上演される『俊寛』は、88年1月、先代が病に倒れ、勘三郎(当時勘九郎)が急遽代演をつとめた、中村屋にとって思い出深い演目。「おやじの最期の舞台になった演目なので特別の思いがある。私(康頼)が船で島を離れるくだり、私に向かって俊寛のおやじが『未来で』と叫ぶせりふがある。公私混同かもしれないけど、ただのせりふとは思えなくて、今も耳にこびりついている」と当時の思いを話した。

生涯演じた役は803にのぼり、ギネスブックにも登録されている先代ゆかりの演目が昼夜ずらりと並び、片岡仁左衛門、坂東玉三郎をはじめ豪華な共演者もそろって送る、華やかなひと月になりそうだ。

演目は、昼の部『爪王』『俊寛』(追善口上を挟んで)『ぢいさんばあさん』、夜の部は『壺坂霊験記』『高坏』『籠釣瓶花街酔醒』

『俊寛』中村勘三郎
『俊寛』中村勘太郎

▲『俊寛』中村勘三郎(当代)

▲『俊寛』中村勘太郎

『俊寛』中村七之助
『籠釣瓶花街酔醒』中村勘三郎

▲『俊寛』中村七之助

▲『籠釣瓶花街酔醒』中村勘三郎

インフォメーション

歌舞伎座さよなら公演 二月大歌舞伎

【キャスト】中村勘三郎/中村勘太郎/中村七之助
中村芝翫/片岡仁左衛門/中村梅玉/坂東玉三郎 ほか

■演目
昼の部:『爪王』『俊寛』(追善口上を挟んで)『ぢいさんばあさん』
夜の部:『壺坂霊験記』『高坏』『籠釣瓶花街酔醒』

2010年2月1日(月)〜25日(木)
・会場=歌舞伎座
・チケット発売中
・1階桟敷席22,000円/1等席20,000円/2等席15,000円/3階A席6,000円/3階B席3,000円
・お問い合せ=歌舞伎座 TEL.03-3541-3131

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1739