2月6日・7日、せんがわ劇場演劇コンクール開催 水木しげる「ねずみ男」の物語が課題 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今月6日・7日、調布市のせんがわ劇場で、初の演劇コンクールが開催される。調布市内で舞台活動をしている8団体が、漫画家・水木しげるが生み出したキャラクター「ねずみ男」の物語を舞台化して上演する。

同コンクールは、調布市内で舞台活動をしている劇団・グループ等の支援を目的としており、スタンダードな演劇にとどまらず、舞踊・身体表現など舞台を使って行うものであれば、表現方法に制限はないが、上演作品には課題が設けられている。

第1回目となる今回の課題は「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげるの生み出した人気キャラクター「ねずみ男」。水木氏が40年以上調布市に在住する同市の名誉市民であり、今春から放送開始のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の舞台が同市であることにちなんでおり、参加団体は漫画「ねずみ男の冒険」に収録されている、短編「神変 方丈記」「幸福の甘き香り」「空想石」の中からひとつを上演する。

参加団体は書類選考を通過した8団体で、1日4団体が2日間にわたり作品を上演する。賞は専門家審査員が選出する「せんがわ劇場グランプリ」と、市民審査員の投票により決定する「オーディエンス賞」の2つ。各賞に選ばれた団体には特典として、来年度せんがわ劇場ホール(附帯設備費込)を一週間以内の無料使用権が与えられる。

入場は無料。当日先着順・各回入替制で当日の朝9時より整理券が配布される。

インフォメーション

第1回せんがわ劇場演劇コンクール

2010年2月6日(土)・7日(日)
・会場=せんがわ劇場
・入場無料(当日先着順・各回入替制 当日9時より整理券を配布)
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3300-0611

【専門家審査員(五十音順)】新井純(俳優)/有川博(俳優)/鍬田かおる(アレクサンダーテクニーク指導者)/林あまり(演劇評論家)/ペーター・ゲスナー(せんがわ劇場芸術監督)

2月6日(土)
・14:00=ちょうふ座☆21『幸福の甘き香り』
・15:00=タマゴプリン『空想石』
・16:00=花伝シアターカンパニー『幸福の甘き香り』
・17:00=Menlo Park Studio『空想石』

2月7日(日)
14:00=ピースカンパニークルー『空想石』
15:00=チョンモップ『神変 方丈記』
16:00=FLIPLIP『幸福の甘き香り』
17:00=トランジスタone『幸福の甘き香り』
18:30=表彰式

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1750