劇団四季、4月〜8月の福岡公演が決定 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

福岡シティ劇場での公演休止を発表していた劇団四季は、4月〜8月に作品を上演することを明らかにし、7日、劇団代表の浅利慶太が記者会見を行った。

劇団四季は観客動員の低迷を理由に、同劇場でのロングラン公演の休止を発表していたが、会見以降、反響は大きく、上演の存続を望む意見が約500件寄せられた。浅利は「お客様からの悲痛なメッセージを無視してはならないと痛感」、今回の決定に至ったという。

公演は『クレイジー・フォー・ユー』(4月1日〜4月18日・21回公演)、『エビータ』(4月29日〜5月8日・8回)、『春のめざめ』(6月20日〜7月18日・29回)と、夏休み期間に子供たちのための無料招待公演(8月)を行う。9月以降については白紙の状態としており、4月以降の興行成績を考慮した上で決定するという。3月いっぱいで切れる劇場契約については劇場側と交渉する予定。

会見後に、同劇場の『コーラスライン』千秋楽公演の開幕前に、浅利自ら舞台上で観客へ公演を発表。大きな拍手と歓声が沸き起こった。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1767