通し狂言『染模様恩愛御書』上演記念 コミカライズ・講談公演が決定 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

日生劇場の三月花形歌舞伎 通し狂言『染模様恩愛御書 細川の血達磨』の公演を記念して、同作のコミカライズや記念イベントが行われる。

同作は、歌舞伎では珍しい「衆道(男色)」をテーマにした異色作であることや、劇中で本火が使用されることから、長らく上演されることがなく「幻の演目」とされてきた作品。今回の上演は、06年の大阪・松竹座での復活上演から、4年ぶりの再演となる。

コミック作品「かきつばた恋恋(れんれん)—染模様恩愛御書より—」は松苗あけみ作。2月27日発売「月刊 コーラス」4月号の、別冊ふろくに収録される。

また、2月26日に紀尾井小ホールで、講談師・旭堂南左衛門による講談「細川の血達磨」の公演が行われ、市川染五郎、片岡愛之助を迎えての対談も行われる。

インフォメーション

講談「細川の血達磨」
出演=旭堂南左衛門
対談「染模様恩愛御書」にむけて
出演=市川染五郎/片岡 愛之助/旭堂南左衛門

2010年2月26日(金)18:30開演
・会場=紀尾井小ホール
・料金=3,000円
・お問い合わせ=松竹株式会社 演劇興行部 TEL.03-5550-1686(平日9:30〜18:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1797