俳優の藤田まことさんが死去 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

テレビドラマ「必殺仕事人」「はぐれ刑事純情派」などで親しまれた俳優の藤田まことさんが17日、大動脈瘤(りゅう)破裂のため大阪府の病院で死去した。76歳だった。

1933年、東京都生まれ。父親は無声映画時代に活躍した俳優の藤間林太郎。幼少より子役として活動し、19歳の時に地方回りの劇団に入り、コントや声帯模写、司会などで芸を磨いた。

62年から放送されたコメディー番組「てなもんや三度笠」で、白木みのる、財津一郎らとともに全国的な人気者となり、「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー!」のギャグは流行語となった。その後、73年からの時代劇「必殺」シリーズの中村主水役や、88年から始まった「はぐれ刑事純情派」の安浦吉之助刑事役など、ロングランヒットとなるテレビドラマシリーズで渋さと人情味を併せ持つ役柄を演じ人気を集めた。

91年にミュージカル『その男ゾルバ』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。02年に紫綬褒章を受章。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1800